スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
続・里山の住人たち
『里山奇談』刊行直後の里山おさらい編。

20170603001.jpg
里山とは即ち里であり山である場所に他ならない。
人間の領分である里と自然の領分である山の境目だ。

そこにはいわゆる大自然の営みとともに、常に人間の営みがある。

ハルジオンの花に吸蜜するアオスジアゲハ。
20170603002.jpg
レア度で言えばスライム級にそのへんにいる蝶々だが美しいものは美しいのじゃ。

ほの暗い池の水面に顔を出しているのは、若いウシガエルである。
20170603003.jpg
期せずして不気味な構図になったものの、この不穏な佇まいの食用モンスターはめちゃめちゃビビりだ。
ひとの気配を察すると「キュッ」と悲鳴を上げて隠れてしまう。まあ食用だしねえ。

ユリノキが高い梢で花をつけていた。
20170603004.jpg
まさしくこのチューリップっぽいお花の故に「百合の樹」という名前の樹木だ。ガールズラブとは関係ございません。たぶん。
この季節のひとつの楽しみなんだけど、なかなか低い枝には花をつけてくれないのでどうしても望遠頼りになる。
高嶺の花か。

20170603005.jpg

20170603006.jpg

ブロック塀に黄緑色の置物がひとつ。
20170603007.jpg
アマガエルは体色を変化させる擬態ギミックをお持ちなので、石の上などでは灰色に化けていることも多い。
そのような努力のみじんも感じられない個体である。むろん死んでいる訳ではなく、指で突っついてみたら普通に逃げた。
最初から見つからない工夫しようや。

20170603008.jpg

入浴剤風な浮き草にまみれてご機嫌なトノサマガエル。
20170603009.jpg
苦しゅうない近うよれ。

そんな殿様を陸の上からなんともいえない表情で見ているツチガエル。
20170603010.jpg
相手は殿様っすからね。

拾えるイモリは拾います。
20170603011.jpg

田んぼに発生中のホウネンエビ。よーし今年も豊年満作だ。
20170603012.jpg
いわゆるブラインシュリンプとかシーモンキーのたぐいに近い生きものです。
この写真にはおりませんが、探すと卵を抱えている雌も見られるぞ。

20170603013.jpg

巣立ちの近いつばめの兄弟がほわほわしております。
20170603014.jpg
来年の今頃はここに戻ってきて巣をかけるのかな。

アゲハ春型。夏型よりひとまわり小さいよ。
20170603015.jpg

20170603016.jpg

今年も真っ赤なショウジョウトンボが現れました。
20170603017.jpg
毎年言ってると思うけど分類としてはいわゆる「赤とんぼ」ではありません。
これ以上ないってくらい赤いんだけどね。

いっぽうこちらの青黒いトンボはハラビロトンボの雄。
20170603018.jpg
以前見たやつはもっと黒かったけど、今年のはちょっとネイビーな色味を含んでまた美しい。

どう見ても蝶のような気がするのにイカリモンガという名前の蛾です。
20170603019.jpg
じゃあ蝶と蛾っていったい何がちがうのかって話になるのだが、それは私にもようわかりません。
アゲハやモンシロ、ヤママユにヒトリガなんかはまあ素直に蝶や蛾やなあと思うけど、この手の境界例になると皆目見当がつかず。
なお名前の由来は「碇紋蛾」。翅を開くと茶色の字に鮮やかなオレンジ色の碇型の紋様があるとです。

手の上で挨拶してくださるアカスジキンカメムシ。
20170603020.jpg
以前も申しましたがこの人たちは機嫌を損ねると独特の臭いをお発しになられます。
なので、無理に捕まえたりせず自主的に指にのぼってきて頂きました。いえーい。
近年はカメムシと頗る好ましい関係を築いている私です。何の得があるかは知らん。
今昔物語に出てくる蜂使いみたく悪い人を襲わせればいいのかな。

花に集まるカミキリの仲間は、サイズは小さいけど美麗なものが多いのじゃ。
20170603021.jpg
これはキイロトラカミキリ。
こういうちまちましたお花がだいたい虫たちには人気です。

浅い水の底でのんきな風情のホトケドジョウ。
20170603022.jpg
ドジョウの顔って緊張感がなくて好きでしてね。

足元ですばやく跳ねたのはニホンアカガエルかな。
20170603023.jpg
ユーモラスな佇まいのものが多いカエル一族で、アカガエルの仲間ってちょっと精悍な気がする。
体格もボテッとしてなくてなんだか油断がない。

そしてこちらは油断を絵に描いたようなシュレーゲルアオガエル。
20170603024.jpg
何をしているのかよくわからない。ひなたぼっこなのかもしれない。
このあと頭の上にハエが止まった。
とくに動じる様子はなかった。

ミゾソバの葉の柔らかな緑色の上の紅一点。
20170603025.jpg
フジハムシかな?

食休み中のヤマサナエ。
20170603026.jpg
このほかクロスジギンヤンマも出ていたが、追い写しすること能わず。
ちょっと悔しい。

コウゾの木からぶら下がる大きな白い泡の塊は、モリアオガエルの卵塊。
20170603027.jpg
やがて産まれてくる子どもたちを守るために、親たちがいっしょけんめい泡立てたクリームです。
触りたくなるのを我慢してそのまま立ち去る。
みんな無事育つといいな。

帰りしなに路傍の枯木を見たら、ずいぶん小さなお友達を発見。
20170603028.jpg
今シーズン初コクワガタ。

ぷんぷん怒っているのだが、何しろ小さいので威力がない。ごめんごめん、何枚か撮ったら放すからね。
20170603029.jpg
カブト・クワガタ類に会うとテンションが上がるのはかれこれ数十年変わらない習い性だ。
いよいよもって夏の到来だな、と思う。

次は梅雨入り前か、梅雨明けあとか?
20170603030.jpg
梅雨の最中もありかな。

こんな里山を渉猟する三人の散策者があつめた幻風景です。
里山奇談。https://www.amazon.co.jp/dp/4041050782 よろしくお願いします。
【2017/06/03 14:40】 | ネイチャー | page top↑
里山の住人たち
『里山奇談』刊行直前の里山詣ですよ。
20170520001.jpg

20170520002.jpg

川沿いで出会ったジョウカイボンの仲間。キンイロジョウカイかな?
20170520003.jpg
甲虫類としてはちょっと柔らかめの装甲を持つ連中です。それでも性質はなかなか獰猛。

美しい声音で縄張りを主張するカジカガエルくん。
20170520004.jpg
岩の上にいるときは油断なく周囲に気を配っているため捕えるのはなかなか難しい。
対して水の中でじっとしているときは油断しまくりなので、あっさり捕縛される。

「あれっ捕まっちゃった?」
20170520005.jpg
両生類は長いこと手乗りしていると人間の体温で弱ってしまうので、なるはやで放流しましたけど。

のんきに電柱で休んでいるのはムカシヤンマ。
20170520006.jpg

トノサマガエル半身浴。
20170520007.jpg
トウキョウダルマガエルでなくトノサマガエルです。たぶん。

いわゆるカワトンボは近年アサヒナカワトンボとニホンカワトンボに二分されたのであるが。
20170520008.jpg
それまではオオカワトンボとニシカワトンボとヒガシカワトンボに三分されてたんですよこれが。

で、結局DNA鑑定の結果2種類に落ちついたらしい。
当方そのような鑑定技術の持ち合わせはないので、今後も従来通りカワトンボとして愛でてゆきますよろしく。
20170520009.jpg
本当に綺麗な生きものだと思う。

「クラムボンは笑ったよ」
20170520010.jpg
きっと川底でそんな会話をしているサワガニの親子。
もう寝ないと明日イサドに連れてってもらえない。

朽ちた竹の棒っこに矢二郎兄さん@有頂天家族 が嵌まっていた。
20170520011.jpg

あまがえるに会うとつい遊んでしまうのだが、扱いに関してはカジカさんと一緒です。
20170520012.jpg

あとアマガエルやイモリは行きがけの駄賃に皮膚から毒を分泌したりするので、ふれあいの後はよく手を洗いましょうね。
20170520013.jpg

遠くのアシ原から濁ったけたたましい叫び声が聞こえる。
20170520014.jpg
真ん中へんにオオヨシキリがいるのがおわかりだろうか。
口をいっぱいに開けて声を限りに叫ぶ様子はなんだか胸を打つのだが、いかんせんやかましい。
何かの選挙に立候補しているのかと思うレベルである。

久しぶりに会った。足元の底泥にぬうっと洗われた魚影は、ライギョである。
20170520015.jpg
魚種としてはタイワンドジョウとカムルチーをひっくるめて雷魚なのだけど、これはどっちかわかりませぬ。
因みにこの仲間はスネークヘッドの名で観賞魚として流通している。
蛇頭ですよ蛇頭。

トノサマガエルのお尻に近づく怪しの影。
20170520016.jpg
イモリくんでした。
20170520017.jpg
正面から見るとカエルと顔が同じだと思う。

20170520018.jpg

なんだかけっこう久しぶりにタニシを拾ってみた。
20170520019.jpg
とくに珍しくはないんだけどあまり拾ったりしないやね、タニシ。
どことなく垢抜けない存在感が楽しい。泥臭いのかな、タニシだしな。

キジのカップルに遭遇。
20170520020.jpg
最初は雄の方がだいぶ遠くから「あっめっちゃタイプ」みたいな雰囲気で迫って行ってたんだけど、女子の方もまんざらではない様子でした。
よかったねえ。

この時期のスズメバチさんはそんなに怖くない。
20170520021.jpg
諸先輩方のように捕まえたり手乗りにしたりはしませんけども。
巣材探しなのか、樹皮をがじがじ齧っておいででした。

テントウムシとしては本邦最大種のカメノコテントウ。
20170520022.jpg
むろん亀の子よりはぜんぜん小さいが、どっしりとした存在感がありたいへん美しい。普通にアクセサリーっぽい。

20170520023.jpg

なにやら黒っぽい蛇くんがいそいそと道を渡ってゆく。
20170520024.jpg

一瞬ヒバカリかとおもって手を出しそうになったが、鎌首を持ちあげたその人相にどことなく見覚えがあった。
20170520025.jpg
黒目がちは可愛くもあるが、目のすぐ上の鱗のせいで怒ったような顔つきになっている。
戻って調べてみて正体が判明する。ヤマカガシの近畿型だった。
道理で知ってる顔だと思ったぜ。関東組は黒と赤と黄色のだんだら模様がポピュラーなのでわからなかったのだ。
攻撃的なヘビではないが、奥歯に仕込まれた毒はけっこう強く、ごくまれに死亡例が報告されている。
手を出さなくて良かった良かった。

ツバメのドヤ顔。
20170520026.jpg
なにが自慢なのかはよくわからない。うんうん、かっこいいよ君。

20170520027.jpg

茂みの中でがさがさ動く気配があった。そこそこ大きなサイズの鳥っぽい。
シロハラか、カラスあたりが来ているのかと何気なくカメラを覗いてみると、ちらりと青い模様が見えた。
20170520028.jpg
カケスである。
光量不足なロケーションで苦労したが、とりあえず全身を捉えることはできた。いやあカケスだカケスだよ。
20170520029.jpg
落ちつかなくガサガサぴょこぴょこ飛び回っているのはどうも遊んでいるようだった。
カラスの仲間で、頭がよろしいのである。

20170520030.jpg
さて『里山奇談』、こんなような場所で私ども3人が出会ってきた不思議かつ懐かしい挿話を書きとめた一冊です。
どうぞよしなに。
https://www.amazon.co.jp/dp/4041050782
【2017/05/20 23:01】 | ネイチャー | page top↑
初夏のおとづれ
気温が一気に上がり、小さな生命どもが浮かれだす季節の到来。
20170508001.jpg

20170508002.jpg

レンゲとスズメノテッポウのお花畑。
20170508003.jpg
みつばちたちが集っているのを見ると、レンゲの蜜の味を想起してがんばれがんばれと応援してしまう。
おれのために蜜集めてるわけじゃねえよ。すみません。

餅を包んでいないかしわの葉。
20170508004.jpg
桜餅の包装葉は食べるけど柏餅の葉をいただくツワモノはおられるのか。
塩漬けじゃないしなあ。

陽射しを受けて温まった石の上で休むアカタテハ氏。
20170508005.jpg

もっと細かい柄のヒメアカタテハは秋口によく見かけるのだが、アカタテハとの邂逅は比較的ランダムだ。
20170508006.jpg
なので、会えるとちょっと嬉しい。

ナルコユリとアマドコロとホウチャクソウの見分けができなくて毎年混乱する。
20170508007.jpg
そいで毎年確認しては「ああそうだった」と思うのだが、翌年にはまた忘れて途方に暮れるのだ。いいかげん学習したいです。
たぶんこれはホウチャクソウ。

アミガサタケの皆さんがけっこう派手に発生しており。
20170508008.jpg

これは採って集めたのではなく自然にこういう状態で生えてましてん。
20170508009.jpg
あまりのことに目が眩みかけたが、準備もしてないし散策開始直後で荷物を増やすわけにもゆかず、そのままにして立ち去る。

アマナの花でじゃれるニッポンヒゲナガハナバチのカップル。
20170508010.jpg
触角の短い方が女の子ですね。

くるみの仲間の梢を見上げるのが好きだ。
20170508011.jpg
葉の付き方のために一種同心円状の独特のテクスチャーが浮かび上がるのが楽しくて。

被写体ぶれはご勘弁。こちらはツマキチョウの追いかけっこ。
20170508012.jpg
名前の由来となった、翅の先端に黄色斑があるのが男の子です。

こちらはユリノキの高い梢に翅をやすめるモンキアゲハ。
20170508013.jpg
写真では白く見える模様は羽化直後から次第に黄色みを帯び、標本などをみるとなるほど紋黄アゲハだと納得する。
でも生体だといつも一瞬シロオビ? と頭に浮かんでしまうのだ。
しかしシロオビアゲハは基本的に南西諸島にしかいないのだ。
まあみごとに北上を遂げたツマグロヒョウモンの例もあるし、この調子で温暖化が進むと百年後くらいにはふつうに本州に分布してるかもね。

オトシブミがいっしょけんめい作った「落とし文」。
20170508014.jpg
3ミリほどのおおきさの虫は、自分の十倍以上はある葉っぱを器用に丸めて子どものためのゆりかごを作る。

ベニシジミはシジミチョウ界の"町娘"だと思っているよ。なにかおきゃんな感じで。
20170508015.jpg

地表近くを元気よく飛びまわっていたちいさなコガネムシたち。
20170508016.jpg
おそらくウスチャコガネの雄か。りっぱな触角がトナカイみたいだよ。

20170508017.jpg

林床の開けた一角に黄色い燭台が灯っていた。
20170508018.jpg
キンランだ。
今年も会えてうれしいな。元気そうでなにより。
20170508019.jpg

用水路ではカラスアゲハが呑気に水を呑んでいらっしゃる。
20170508020.jpg
ほんとに綺麗な蝶だと思うんだよこのひと。

20170508021.jpg

カナヘビのすぐ傍でおひげの手入れに余念のないニッポンヒゲナガハナバチの男子。
20170508022.jpg
背中に花粉の塊をつけた運び屋くんです。

カワトンボ透明翅型。
20170508023.jpg

カワトンボ褐色翅型のオス。
20170508024.jpg
全身が白っぽくみえるのは粉をふいているので、これはシオカラやコフキなどトンボ類のオスによく見られる現象でやんす。

カワトンボのペアリング。
20170508025.jpg
オスは尻尾の先でメスの首根っこを押さえるアクロバティックな体勢をとり、結果的に全体がハート型になっております。
まあラブラブ。

20170508026.jpg

結実したカラスノエンドウで翅をやすめるコミスジ。
20170508027.jpg
ひら~ひら~とゆったりしたペースで人の周りを飛び回るよ。

20170508028.jpg

水べりのジシバリとムラサキサギゴケたち。
20170508029.jpg
黄色と紫の春色のお花たちはもうそろそろ終わりが近い。

20170508030.jpg
そして新緑は梅雨を経て夏へと向かうのさ。
【2017/05/08 01:11】 | ネイチャー | page top↑
さくらのあと
3/22に開花宣言が出てひと月ちかく。
170417001.jpg
ようやくソメイヨシノの天下が終わりを告げました。いや今年は実に長かったね。

個人的にはこの後に旬を迎える八重桜がものっそい好き。
170417002.jpg
理由は「桜餅に似てるから」であることは毎年力説している気がする。
あ、道明寺粉使ったやつね。育ちが基本的に西日本なもんで。

ヤマガラさん。なんか神妙な顔してる。
170417003.jpg

170417004.jpg

シメ。ウソやらシメやらイカルは語源がわからん。
170417005.jpg
鳥の名前はいろいろふしぎ。

ラクウショウの新芽。
170417006.jpg
ラクウショウは落羽松で、羽に似た葉が冬には落ちてしまうためにこの名がある。
そして春になるとこうして新しく芽が出るってえ寸法さ。

よくわからない名前の鳥第二弾、ビンズイ。漢字名もわからないぞ。
170417007.jpg
分類としてはセキレイの仲間になるらしい。
言われてみれば全体のフォルムはそれっぽい。
170417008.jpg
ヒバリなどに似たやたらと地味な色合いがなんとのう好ましい。

170417009.jpg

珍しくちょっと低い枝に降りてきてくれたイカルくん。
170417010.jpg
こちらはちゃんと鵤っていう漢字名がある。読めないけどな。

170417011.jpg

雨の日のイソヒヨドリ男子。
170417012.jpg
その名前に反してヒヨドリとはなんの関係もないツグミ科の野鳥。強いて言えばサイズがヒヨドリ大かしらん。

170417013.jpg

ツツピーツツピー言ってるのはおなじみシジュウカラさん。
170417014.jpg

帰化植物セリバヒエンソウ。
170417015.jpg
最近はいろんな図鑑に載ってるけど、ひと昔前までは何という名前の植物か全然わからなくて難儀したのだ。
全農教『日本帰化植物図鑑』で正体が知れたときは神かと思ったぜ。

ふりむけばアオジ。
170417016.jpg

これは桜でなく梨の仲間のお花です。
170417017.jpg

みんな大好きエナガ様。
170417018.jpg
やった撮れたと思ってモニタで拡大するとおもくそ芋虫咥えてたりするので注意が必要だよ。
ことりはとっても虫が好き♪

170417019.jpg
花が終わった後のソメイヨシノの瑞々しい若葉は、もっとも好きな眺めのひとつ。
すぐ虫食いになっちゃうけどな。美味しそうだもんな。

170417020.jpg

ピンはあまり行ってないんですがオナガの飛翔を。
170417021.jpg
本当に綺麗な鳥だと思う。

オドリコソウの開花。
170417022.jpg
ずっと小さなヒメオドリコソウの方がはるかに有名なのは、数も多いし花期も長いので仕方がない。
こちらはだいたい桜の後10日間くらいしか咲いてないような気がする。
シソ科の植物らしい葉っぱはそのまま食べられそう。

菜の花でいちゃつくナガメのペア。
170417023.jpg
菜の花につくカメムシだから菜ガメなので、実に正しい絵面です。
色味がちょっと違うのは個体差で雌雄の性差ではありません念のため。

170417024.jpg

菜の花にやってきたのはニホンミツバチかな。
170417025.jpg

ホバリングするクマバチの雄。
170417026.jpg
針を持たない男子は顔が白いのでよく見るとわかる。と、ハチマエストロの先生に教わった。
マエストロはこれを手乗りにするのだが、素人(私)がやろうとしても逃げられてしまう。恐るべしマエストロ。
いずれは恐怖ハチ軍団などを指揮して世界を征服する気かもしれぬ。

そんなマエストロとフィールドワークのお仲間の玉川数さんと三人でこんな本を出します。
題して『里山奇談』。
里山の踏査行中に蒐集した怪しの話を集めた、郷愁と謎・ふしぎの溢れる一冊です。漫画じゃなく文字の本なんだこれが。
6月1日発売、絶賛予約受付中。どうぞよろしく。

https://www.amazon.co.jp/dp/4041050782/


クマバチ氏の話に戻ろう。
この日は風に煽られて桜吹雪が舞っており、巡察中のハチ氏はひらひら舞い落ちてくる花びらにいちいち「なんやおまえ!」と突っ込んで行ってはった。
ちょっと面白かった。

日本最小のキツツキ、コゲラさん。
170417027.jpg
カワセミと並ぶ「写真だとそんな感じはしないのに実物を見るとずいぶん小さい鳥」の代表でもある。

その繁殖力が「垣をも通す」ことから名付けられたカキドオシ。
170417028.jpg
ちなみに垣を超えてこちらの庭に生えた隣家のタケノコは勝手に採って食べても構いませんが、こっちの敷地に伸びてきて実をつけた柿は食べられません。
民法まめちしき。カキドオシと関係ないよ。

シロハラもだいたいヒヨドリ大だがニセヒヨドリとか呼ばれたりしない。
170417029.jpg
鳴き声は結構美しいんだよ、これでも。

都心部の最高気温が28度を記録する昨今。
170417030.jpg
夏はすぐそこじゃい。
【2017/04/19 17:33】 | ネイチャー | page top↑
葉桜2017
13年目。
IMG_1102.jpg

いったいどう思って空の上から見てるのかね、このきなくさい世界情勢を。 
IMG_1098b.jpg

また来年も貴女の旧友たちが無事に集えることを祈っておくれ。
IMG_1101.jpg
【2017/04/11 21:03】 | 未分類 | page top↑
前ページ | ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。