電車も、バスも
070319.jpg

てな訳で入手してみましたPASMO。


関東圏以外の方は身近でないと思いますので、
下に公式サイトをリンクしておきます。
http://www.pasmo.co.jp/
要するに首都圏のたいがいの交通機関に乗れてしまう、
万能非接触型ICカードやねん。
JRのSuicaやICOCAが私鉄やバスでも使えるようになった状況だ。

っていうか、
この3月18日から実際にSuicaもPASMOと同機能を実装している。
つまりSuicaで地下鉄や私鉄に乗れてしまうわけで、
従って既にSuicaユーザーである私は特にPASMOを買う必要はない。
ただ、メトロ乗りの身として一枚持っておきたかっただけ。
デザインけっこう可愛いし。

もっともこの2枚、当然ながら同じパスケースに入れては使えない。
だからPASMOを定期入れに、Suicaの方を財布にしまいました。
これでどっちか忘れても電車に乗れるぜ。いえー。

PASMOの購入時には1000円~10000円から選べる。
これらは単に初期度数の違いで、
後からチャージすればどれを買っても同じだ。
ただしこの額面にはデポジット(預り金)500円が含まれており、
たとえば5000円のPASMOの実際の度数は4500円分になる。
このため1000円のを買ってしまうと500度数しか使えず、
あっという間にチャージが必要になってしまうので注意したい。
どうせなら3000円以上のを選んでおきたい。

つってもまあお勤めの方は定期で購入するだろうから、
また事情が違ってくると思うけど。

メトロ乗車時におけるパスネットとの違いは、
運賃が一括して降車時に引かれること。
従って乗るときには改札には満額が表示されます。

何といってもいちいちケースから出さなくていいし、
バスに乗るのに小銭用意しなくてもよくなるのが嬉しいぜ。
ブラボー科学の進歩。

ちなみに使用後10年間は失効しないとのことなので、
たまに上京なさる用事のある方も利用できますぞよ。


そんな感じで。
以上、風呂に入浴剤と間違えて部屋干しトップを入れそうになり、
寸前に気づいて難を逃れたわたくし日高がお送りしました。
綺麗になるとは思うんだけど、すすぎに自信がなくて。

いいから働きます。
【2007/03/19 02:46】 | 未分類 | page top↑
| ホーム |