スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
猫になった日曜日
070108.jpg

借りた本を読みながらうとうとしてたら猫になった夢を見た。

そこは私らしく真っ黒でドテッとしたのが、
ベランダの縁で器用にバランス取って丸くなっている状態だ。
しかし外見が猫化したところで所詮中味は俺様である。
にゃーとか言ってみても可愛いくもなんともない。
諸星大二郎『栞と紙魚子』のボリスを思い出し、何だかうら悲しい気持ちになった。

そういや今年の初夢(たぶん)も相当にしょうもなかった。
PCが勝手にどんどんXP Service Pack2をインストールし続け、
私は血相変えて何すんだやめろと叫んでいるのである。
起きてなんだかげっそりした。
スケール小せえよ俺の潜在意識。

すこし前に人に「どうしたの今日は?」と聞かれ、
「えー?いつもこんな感じだよ」と答えたのだが、
今思うと少々テンション高かった気がする。
かるい揺り返しで今現在たいへんのたのたしているからだ。
自分がひどく退屈な人間に思えて余計退屈する。
仕事しながら相撲など流していたが、
魁皇のマゲの下あたりが微妙に肌色が透けているのが気になって、
取組を見るどこの騒ぎではない。
解説の北の富士も期待しない方がいいと言っていた。なにをだ。

でも大丈夫さ。
そのままNHK点けてて『ダーウィンが来た』のバシリスクを観たら、
ちょっと楽しい気持ちになったさ。
ニンジャよろしく猛スピードで水面を走りぬける素敵とかげである。
特番で予告を観たときからこれは見逃すまいと心に誓っていたのだ。

ヤツは1秒間あたり20歩という驚きの速さで後ろ足を回転させることにより、
衝撃力と抵抗力と浮力を生じさせ、水上を渡り切るらしい。
なんせ普通のムービーではスロー再生しても動きがわからない。
そしてハイスピードカメラで撮影した映像は、案の定とっても滑稽な走り姿なのだった。
懐かしのエリマキランナーズを思い浮かべて頂ければよい。
爬虫類は基本ガニマタなので仕方がないやね。
内股で走られてもそれはそれでぶきみだし。

余勢を駆ってそのまま『風林火山』第一回に突入。
いつも思うけど大河ドラマってなんであんなにメイク濃いんだ。
主役の山本勘助が宗方コーチと同じ人であることに自信が持てなかったよ。
内容は結構好みだが異常に地味だとも思った。
そもそも正体のうろんな人物が主人公だから是非もない。
せっかく初回みたんでしばらく付き合ってみます。
まずは友達から。

そういや大昔のATG映画『逆噴射家族』で頭のいかれた高校生を演じていた有薗芳記が、
いい感じの百姓のおっさんに育っていて面白かった。
1984年の映画公開当時は第三エロチカのメンバーであり、
石井聰亙のメガホンと相俟って強烈なアングラ臭を放っていたものだ。
妹役の工藤夕貴が釣り目で筋トレに励んでて可愛かった。
彼女はこの一年後に相米慎二監督『台風クラブ』に主演し、脚光を浴びることとなる。
ざっと20年前の話だ。

夕方の首都圏は30m/sec.の強風が吹き荒れていたらしい。
家の中でもごうごうという音が聞こえた。
買い物に出てみたら玄関に立てかけてあった傘が4、5メートルばかし吹っ飛んでいた。
さぞかし布団も吹っ飛んだに違いない。あっ駄洒落。

血糖値下がってんなー。
カップしるこでも喰お。
【2007/01/08 01:41】 | 未分類 | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。