正月てれつくてん


散歩がてら近所の稲荷神社を訪う。

カメラぶら下げて境内に入ったら同い年ぐらいの男性に記念写真を頼まれた。
被写体は彼とその奥さんと、どちらかの縁者と思しきお婆さんである。
撮影を終えると男性がお婆さんを紹介してくれた。
「今年で百一歳になるんですよ」

暖かそうなちゃんちゃんこを着込んだばあちゃんは、
にっこり笑うとババプロのようなピースサインを出したものだ。

「百二!」

奥さん「今年は百一歳でしょう。百二は来年ですよ」
私「ああでも数えだと百二歳ですね」

っていうか百一も百二も同じだよな、別にもう。

男性「この服、小泉さんに頂いたんですよ」
百歳のお祝いに前総理から贈られたちゃんちゃんこであるらしい。
やるな、らいおんハート。
お婆さん「私の頃は総理大臣は大隈重信さんだったよ!」

今調べてみたら大隈候は1898年と1914年に総理に就任している。
今年で百一なら後者のときに八つだ。確かに物心ついていよう。
すげえなばあちゃん。

私「うわー、おめでとうございます」
お婆さん「ありがとう! あなたも長生きなすってね。
すってけ、てれつく、すってんてん!」

男性と奥さんはこちらに何度も頭を下げ、
可憐なばあちゃんはにこにこと元気に歌い踊りながら去って行った。

百一歳の人に長寿を願われたのでは敵わない。
すばらしい縁起ものだ。
たいそうおめでたい気持ちになったことだよ。
ばあちゃんありがとう。
てれつくすってんてん。

あけましておめでとうございます。
2007年が皆様方にとって善き一年とならんことを。
【2007/01/02 21:19】 | 未分類 | page top↑
| ホーム |