冬は鳥。
2週間を経てからのあけましておめでとうございます。
関西方面でも松が明けるよこりゃ。
170114001.jpg
なお関東方面では7日に既に明けております、松の内。
地域差があると知ったのは割と最近。いや前に聞いたかもしれないけど覚えてませんでした。

かくも無敵の忘却力を以てすれば日々は常に新鮮なる驚きに満ちていますことよ。
170114002.jpg
てな訳で2017一発目は身近な鳥のみなさんでご機嫌を伺いますか。

このしゅっと垂直になって周囲を睥睨する感じ。
170114003.jpg
さすがは手塚治虫『鳥人大系』で警部職を仰せつかったモズの止まり姿。

マガモのダブルデート。
170114004.jpg

そして一羽が獄門島に。
170114005.jpg

170114006.jpg

シジュウカラは基本的に落ち着かない鳥だが、なにしろ生息数が多いので写し止めるチャンスもなくはない。
170114007.jpg
背中のグラデーションがほんとしっとり美しいと思うんですよ。

ヤマガラさんがなんぞ姦しくくっ喋っております。
170114008.jpg

この野鳥は人を恐れないこと甚だしく、他のものを撮ってると無造作に近づいて来よることも珍しくない。
170114009.jpg
顔はちょっと黒ひげのおっさんぽい。

170114010.jpg

この季節に地べたを歩いてる鳥そのいち。
170114011.jpg
落ち葉を頻りにほじくりかえすシロハラ氏。

再三言ってるけど、身近なわりにほんとに知名度が低い。
170114012.jpg
サイズ的にも行動パターンからいっても非常に撮りやすい被写体。
地味なんだけどさ。

木守りの柿…にしては個数が多いか。
170114013.jpg
柿の木とヒヨドリは日本の冬の画題。

ロウバイが満開になりつつあるよ。
170114014.jpg
蝋の梅はこのちょっとふしぎな花をよく表した名前だと思う。ドテッとした実もふしぎ。
梅に似たよい香りを放ちます。

170114015.jpg

この季節に地べたを歩く鳥そのに、ツグミ。
170114016.jpg

樹の上にいることもあるよ。
170114017.jpg

さて今回の謎鳥。
170114018.jpg
マミチャジナイのような気がするのですが、ちゃんと撮れたのがこの1枚しかなく確証なし。
野鳥クラスタのお助け待ちっす。

170114019.jpg
ヤドリギこんもり。

頭の上でワカケホンセイインコが木の実をむっしゃむっしゃ食ってた。
170114020.jpg
冬枯れの日本の風景にやや不似合なこの春キャベツ色の鳥は、案の定籠ぬけの外来種です。
東京のこのあたりだとずいぶん前から普通に見かけます。
きれいなT字型の飛び姿を見上げるのがけっこう好き。

咲き誇る寒桜。
170114021.jpg

2月にはすっかり花を落としてしまう、気の早いやつだよ。
170114022.jpg

スズメの背中の複雑な模様が美しい。
170114023.jpg

冬場のこやつらは寒風にブワーッと膨れる姿が可愛らしゅうてなあ。
170114024.jpg

ヒマラヤスギの"杉ぼっくり"の唐突感にいつも笑う。
170114025.jpg
なんかね。ばかでかいのが突然成ってるんだよね。ふふふ。

だいたい毎年1月の早い時期にカワセミに会う。
170114026.jpg
ボテッとした佇まいは可愛らしいものだが、やはり何といっても圧巻なのは

背中のひとすじのあざやかな翡翠色の刷毛跡だ。
170114027.jpg
このメタリックブルーの輝きが川面を一直線に飛び抜けてゆくのを見るといつもハッと息を呑む。

今年もちゃんと会えたから、きっといい一年だな。
170114028.jpg

170114029.jpg

そしてこれから次第に夜は短くなる。
170114030.jpg
改めて本年もよろしくお願いいたします。礼。
【2017/01/14 09:52】 | ネイチャー | page top↑
| ホーム |