スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
夏休みが待ち遠しい
夏の終わりの里山詣で。
160904001.jpg
今夏の総括でちょっと写真は多めの40枚だよ。

いつも擬木をステージに。
160904002.jpg
薮と路を隔てる柵の上が悉くカエルたちの休憩所になっていた。
陸に上がってまもない亜成体は、これはカジカガエルかなあ。
160904003.jpg
けろっ。

こちらはおなじみのアマガエル君。
160904004.jpg
正面顔をみるたびに鼻の穴が気になって仕方がない。

おみなえしから顔を上げたコモンツチバチ。
160904005.jpg
この仲間は蜂独特のスマートさが微塵もなく、なんかもっさりしててそれはそれで楽しい。

樹上のハラビロカマキリ氏と目が合った。
160904006.jpg

160904007.jpg
脇の楕円形の白斑がハラビロ一族の家紋。
居候としておなかの中にハリガネさんを仕込んでいることがあります。きをつけよう。

こちらはハラビロでなく無印のカマキリ(チョウセンカマキリ)。
160904008.jpg
複眼なので瞳はないはずなのに黒い点でこっちを横目に見ております。
この黒点は偽瞳孔と呼ばれ、カマキリ以外にもトンボ等いろいろな昆虫で観察できます。
なんで偽瞳孔が見えるのかについてはこのページがすごくわかりやすく説明していたのでリンクしちゃうよ。
読むといいよ。

160904009.jpg

漆黒の翅に対してメタリックに輝く胴体を備えたハグロトンボの雄。
160904010.jpg
四枚の翅をひらひらさせる幽玄な飛び姿が親しまれ、さまざまなローカル名をお持ちです。
「極楽とんぼ」はこの虫を指すのだとか。おきらくごくらく。

現場でぼんやりクロイトトンボかと思ってたけど、アオモンイトトンボですねこりゃ。
160904011.jpg

こちら産卵中のギンヤンマ。
160904012.jpg
大型のヤンマ類は産卵行動もダイナミック。

ノシメトンボのSIDE VIEW。
160904013.jpg
特徴的な翅先の模様がわからんのでこの写真では同定の決め手を欠くのだけど、まあノシメです。

ガラス窓でおやすみアマガエル。
160904014.jpg

今日の手乗り。これは先のやつとは別個体。
160904015.jpg
ウメノキゴケの生えた樹上にいたためか、ちょっと色味や模様がシックなアマガエル君だよ。

クルマバッタモドキ緑色型はいちばん仮面ライダーっぽいと思う直翅目。
160904016.jpg
精悍というか、たたずまいが美しいと思う。

これがトノサマバッタになるとちと貫禄が付きすぎてしまう。
160904017.jpg
岡元次郎さんの入った1号ライダーといえば近いかもしれない。褐色型。

トラマルハナバチの他の追随を許さぬモフリ加減を見よ。
160904018.jpg

野生のマタタビが結実してるのに出くわしてちょっと感激。ええ、にゃんこの好きなアレです。
160904019.jpg
マタタビ科はサルナシやキウイを擁するグループではあるが、マタタビの実自体はさのみ美味しいものでもないと聞く。

ただしこの実はミバエやアブラムシが寄生することで虫こぶとなる。写真参照。
160904020.jpg
ごつごつ変形した実は木天蓼という生薬として珍重されるのだった。
今回はそんな第二形態も観察できたのでたいへん満足。

川底にひそむサワガニ。ここいらのは青い。
160904021.jpg
赤味の原料となる餌がないものと推察さるる。

カジカガエルさんこんにちは。
160904022.jpg
地味なルックスからは想像もできない涼やかな声で歌うよ。余計なお世話ですねすみません。
※ツチガエルではとのご指摘を頂きました。訂正いたします。ももさんありがとうございます! そしてカジカさん人違いでしたごめんなさい!!

160904023.jpg

日本の国鳥に遭遇。
160904024.jpg
山野を歩いてると年に何度かは出会うのだが、いつ見てもなんともいえない鳥だと思う。
まあニワトリの親玉みたいなもんですね。
これでも桃太郎の三つのしもべだし。

田んぼの傍になにか転がっておる。
160904025.jpg
転がってるのでなく生えているので、これはオニフスベというきのこです。
『きのこくーちか』の第1話にも登場した著名なきのこですね。

ひさしぶりのきーのこ人間。
160904026.jpg
いきなり庭や畑にこういうのが現れるので、頭蓋骨とまちがわれ通報の憂き目に遭った事例も伝え聞く。
たたいてみると弾力があって楽しいよ。

160904027.jpg

みんな大好きキバナコスモスのお客さんその1はモンキチョウ。
160904028.jpg
モンキーな蝶ではなく紋黄蝶であることはお察しの通りです。

おなじみセイヨウミツバチ。
160904029.jpg

こちら一見さん。ハラアカヤドリハキリバチっていうのね。
160904030.jpg
仕事は何してんの?
親戚のオオハキリバチさんの巣に寄生する乗っ取り屋だって?
160904031.jpg
どうも物騒でいけねえや。

160904032.jpg

物騒といえばこれからの季節のスズメバチさんたちは本気で物騒ですぜ。
160904033.jpg

ヤブガラシに吸蜜するジャコウアゲハ女子。
160904034.jpg
この後こどもの食草であるウマノスズクサに卵を産みにゆきます。

ヤブガラシのお客その2、モノトーンの装いがダンディなモンキアゲハ氏。
160904035.jpg
モンキー揚羽ではなく(以下同文)。
この人高いところをけっこうな速さで飛ぶんで私の腕ではあまり写し止められないあるよ。
これはわりとうまくいった一枚。カメラさまありがとう。

石の上に何か派手な色彩の人がいますよ。
160904036.jpg

ええ、今年も会えましたナミハンミョウさま。
160904037.jpg
この鞘翅の輝きを見ないことには夏が終われない。
ってことはいよいよ終わりなのかな。

赤い赤い花も咲き始めちゃったし。
160904038.jpg
まだぼちぼちですけどね。本番はもうしばらく後。
160904039.jpg
この昏い花火が土手を埋め尽くす頃、また撮りに来るよ。

160904040.jpg
ああ、来年の夏休みが待ち遠しい。
【2016/09/04 21:13】 | ネイチャー | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。