七月、かえる・むし・きのこ。
文月突入。
160708001.jpg
梅雨明けた話は聞かないし確かに雨も降るけどなんかもうぜんぜん夏。

160708002.jpg

毎年撮ってる緑の中のショウジョウトンボの朱と、
160708003.jpg

160708004.jpg
オオシオカラトンボ雄の青の好一対。

これはショウジョウの雌かな。
160708005.jpg
アクロバティックな逆立ちポーズは暑さ対策だとか。警戒の姿勢かと思ってました。

アカガエルのこども。たぶんヤマアカ。
160708006.jpg
実際にはカエルの子はオタマジャクシなわけで、これもカテゴリとしては大人なのかなあ。

まだこんなちびすけだよ。
160708007.jpg

160708008.jpg

タマムシ顔負けのメタリックな光沢はアカスジキンカメムシ。
160708009.jpg
カメムシといえば例のパクチー臭ですが、連中は危険を感じなければあのにおいを出しません。
比較的ともだち付き合いをしている身としては、滅多に嗅ぐことはないのでした。
160708010.jpg
手のりにしてもにおわないよと主張したら、友人の漫画家にかめむしを手のりにする意味がぜんぜんわからないと言われた。
うん、まあ、そうか。

浅い水の底にのんびりくつろぐイモリさん。
160708011.jpg

そんな彼を樹上から睨みつけるどてっとした影。
160708012.jpg
はい、モリアオガエルです。
前回は卵塊のみの登場でしたが、こちらが親御さんです。存在感抜群。
160708013.jpg
なんかこうもっと太い枝に掴まってもいいと思うんですけどね。

160708014.jpg

梅雨の合間の竹林にレースのミニスカートが控え目に拡がっておりました。
160708015.jpg
アカダマキヌガサタケ。
無印のキヌガサに比べるとスカート丈は短く、レースもちょっと粗いと申します。
160708016.jpg
でも、やっぱり毎年この造型には惚れ惚れしますよ。

160708017.jpg

眉というより髭が生えてるように見えるマユタテアカネの顔。
160708018.jpg

カワラナデシコ七変化。
160708019.jpg
うそです七変化しません。

メハジキの葉に目立つ模様をしたお尻のハチが休んでいた。
160708020.jpg
トモンハナバチ。お尻の黄色い十個の紋で十紋花蜂。
160708021.jpg
ところが雄ではこれが十二個ある。あと顔も黄色い。
写真だとわからないけどこの個体は男の子なのじゃった。

こちらはムモンホソアシナガバチ。
160708022.jpg
独特の薄めの色彩が渋い。攻撃性はやや強いらしいよ。後で知ったけど。

森の方へと歩を進める。
160708023.jpg

苔むした幹に貼りつくニイニイゼミ。
160708024.jpg
あたりにはその声がこだましておりました。だからもう夏だって。

カナブンたちも樹液に群がってるし。
160708025.jpg

群がってますのう。
160708026.jpg

日の落ちた民家の塀で昆虫の王様を拾う。
160708027.jpg
野生のカブトムシは養殖ものとぜんぜん違ってむやみに力強い。
先に「店で売ってる虫」として認識してしまった都会っ子は、フィールドで初めて会ったときの
「あっこれほんとに王様なんだ」という驚きを忘れかねて毎度同じことをコメントしてしまう。
たぶん来月や来年会ったときも言うと思うよ。

ライブコンポジット機能で撮影したホタルの光跡。
160708028.jpg
なにしろ初めてだったのでいろいろ勝手がわからずずいぶん失敗した。
来年はもっと上手く撮りたい気もするがたぶんまた忘れてる。
別にそれでもいい。
肉眼で眺める時間を大事にすればいいと思う。
160708029.jpg

気温はうなぎのぼり。
160708030.jpg
どちら様も暑さには十分気をつけて、この夏を楽しみましょうぞ。
【2016/07/08 20:17】 | ネイチャー | page top↑
| ホーム |