GW後半の里山をゆく
新緑シリーズ第3弾(ナンバリングは適当)。
160516001.jpg
都心から電車で一時間くらい揺られてみた。
初めて会う顔あり。人間じゃないけど。

柔らかな緑の上で陽光を浴びるジャノメチョウの一種。
160516002.jpg
この仲間は裏面の模様を見ないといまいち同定に自信が持てないぞ。

飛んでいると青いラインしか見えないアオスジアゲハの裏面はなかなか複雑な色彩だ。
160516003.jpg
赤味が美しく面白い。

160516004.jpg

160516005.jpg

ちいさいのはヒメバチの仲間かな。
160516006.jpg

水辺に真っ黒なトンボが群れていた。
160516007.jpg
ハラビロトンボの男の子なのである。

女の子はこんな感じでぜんぜん色味がちがう。 
160516008.jpg
雌雄で色合いが異なるトンボは珍しくないが、雄が真っ黒なのは他に知らない。
なにかふしぎな気がする。

160516009.jpg

てのりオオゾウムシ。
160516010.jpg
ゾウムシとしては本邦最大種で、なかなか重厚感がある。
ゆったりとした動きも象虫の名にふさわしい。

レンゲとシロツメクサのマメ科サンクチュアリ。
160516011.jpg

レンゲのはちみつはおいしいからね。
160516012.jpg

160516013.jpg

前回の里山よりやや標高が高いためか、まだ藤がふんだんに残っていた。
160516014.jpg

渓流の川底にひそむかえる君を発見。
160516015.jpg
独特の縞模様はカジカガエルだ。

つかまっちゃった。
160516016.jpg

あーいじめる気はないのね。
160516017.jpg

リリース。
160516018.jpg
野鳥のさえずりにも似た美しい歌声で知られる両生類だ。モデルやってくれてありがとうね。

160516019.jpg

高い声でさえずるキセキレイのシルエット。
160516020.jpg
市街地でもまれに見かけるが、やっぱり渓谷の方が似合うセキレイだと思う。

このあたりの田んぼは手植えだったりする。
160516021.jpg
忙しく立ち働く農家の人たちを何人か見かけた。

こちらはまったく働く気のないあまがえるの人。
160516022.jpg

もっとも手乗りになるのは少々不本意らしく、ふくれっ面をされた。
160516023.jpg

ホソミオツネントンボのタンデム。
160516024.jpg
イトトンボ類はこのほか未成熟なアオモンイトトンボの雌が目についた。
オレンジ色なのでいささか目立つのね。

さてこの地味な小鳥は何者でしょう。
160516025.jpg

ホーホケキョ。ケキョケキョ。
160516026.jpg
はい正解はウグイスさんでした。
今時分によくさえずりは耳にするが、ボリュームがむやみに大きいため却って声の出所を特定しづらいことが多い。
この個体は目立つ場所を移動しながらさえずり続けていたので見つけることができた。
しかしこうやって見ると実にヨシキリやムシクイの仲間だね。

海辺に出たらやや日が翳っていた。
160516027.jpg
遠くに海鳥の群れを見るもなんの鳥かはわからず。

その代わり近くのテトラポットになかなか複雑な柄の鳥が遊んでいた。
160516028.jpg
波打ち際に降りてきてはきゃあ波が来たと飛び退く様子はどうみても遊んでいるとしか。

で、この人たちはキョウジョシギです。
160516029.jpg
漢字では京女鴫。
この柄を京をんなの装いに譬えたものらしいけどカタカナで書かれるとなんだかよくわからない。

気温の上昇とともに生命が活発になる。
160516030.jpg
楽しみだけどそろそろ蚊も元気になるので気をつけたい。
【2016/05/16 15:49】 | ネイチャー | page top↑
| ホーム |