どうやら夏が来た
梅雨が明けきらぬうちに台風が来たりして空気はすっかり夏模様。
150719001.jpg
京都に前乗りした序に急に思いついて南丹方面を目指してみた。

出迎えてくれたヒナバッタさん。
150719002.jpg
複雑な色味が美しい直翅目。ピンク色の色素変異個体もいたりする。

日吉ダム。素晴らしいロケーションですよ。
150719003.jpg
ほぼノープランで来てしまい足がレンタサイクルしかなく、あまり遠出ができなかった。
次は荷物を京都駅に預けてどっかでクルマ借りて来たい。時間的な余裕も欲しいし。

150719004.jpg

樹液レストランのお客は八割方カナブン。
150719005.jpg
他にハナムグリとケシキスイとウシアブとキイロスズメバチが確認できた。
このときのカナブンは数を頼みにしてかスズメバチを撃退してしまい、
追い払われて悔しい蜂がこちらに矛先を転じて来たので慌てて逃げた。迷惑な。

警戒心の強いニホントカゲだが、この個体は辛抱強く撮影に付き合ってくれた。婚姻色の出た男の子ですかね。
150719006.jpg
あとで出てくるカナヘビに比べて胴長短足なのがわかる。あと油脂光沢があるな。
なおニホントカゲの分布は西日本に限られており、東日本で見られるやつは別種のヒガシニホントカゲ(2012年に独立種として記載)なんよ。

ハラタケ類のきのこの同定は素人目にはたいへん難しいのだが、緑色のきのこというのはそれほど多くない。
150719007.jpg
たぶんクサイロハツだとしておく。違ったらごめん。

すっかりおなじみのコオニヤンマ。
150719008.jpg
ちょっとロケーションが違うだけで基本的にいつもの顔ぶれなのだが、殊更に珍種を探しているわけでもない。
知らない土地で見知った顔に出会うのも楽しいものだ。

150719009.jpg

駅で借りたママチャリ。
150719010.jpg
なにしろ駅なので駅員さんが窓口業務と兼任で高さ調節とかしてくれるのだ。のんびりしていてよろしい。

流れの中にたたずむスズメ。
150719011.jpg
暑い日だったので冷たい足湯にでも浸かっている風情なのかもしれん。

せせらぎの上に張り出したあじさいの株の陰はトノサマガエルたちのアジトになっていた。
150719012.jpg
まだあまり大きくない。
物音や人の気配にびっくりすると「キュッ」と叫んで跳んでいってしまう。

コゲラはスズメに毛が生えた程度の大きさのキツツキだ。いやまあスズメ毛はえてるけど。
150719013.jpg
たいがいシジュウカラ類に混じってあらわれ、ギーという濁った声とココココッという軽やかなドラミングでその存在を主張してくる。
珍しい鳥ではないが、なんだか好きでいつもカメラを向けてしまう。
150719014.jpg
堅くて短い尻尾は幹にとまって木を叩く際の支えになる。

流れの中を悠揚迫らぬ足取りで立ち去ってゆくセグロセキレイ。
150719015.jpg

で、こっちがニホンカナヘビ。
150719016.jpg
トカゲよりスリムで乾いた雰囲気で、子供の頃はこちらの方が好きだった。今はトカゲも可愛いですけどね。

150719017.jpg

エナガのけんすい。
150719018.jpg
身軽なのをいいことにさまざまな格好で枝に掴まっている小鳥である。
150719019.jpg
くちばしの小ささもチャームポイントのひとつですね。

こちらは東京くんだりでもツツピーツツピーと声を聞かせてくれるシジュウカラ。
150719020.jpg
シックな色味が純和風である。
「スィックが正しい。シックでは病気になってしまう」と言ったのは伊丹十三だったか。

強い日差しに映えるベニイトトンボ。
150719021.jpg

150719022.jpg

サナエトンボの仲間の同定は一筋縄ではいかない。
150719023.jpg
たーぶーんーコサナエじゃないかなーとしておく。シルエットとしては好きなトンボなんだけどなあ。

アカネ属もこれまた負けず劣らずわかりづれえのだが、これはマユタテアカネだと思う。
150719024.jpg
命名者が眉に見立てた、普通は鼻の穴としか思えない黒斑があるので。

さて流れの方でがさがさと物音がする。
カラスでもおるのかなと思ってなにげなく覗いたら違った。
150719025.jpg
はい、ホンドイタチさんです。

野生の哺乳類にはたまさかに出会う機会があるが、撮影するとなるとなかなか咄嗟にはチャンスがない。
野生動物の撮影メインでフィールド出てるわけじゃないんで。だいたい相手虫とかきのことかだから。
このときは鳥とか撮っててカメラに長玉つけたまま持ち歩いていたため、かろうじて間に合った。
ピンは甘々だが顔はばっちり写っているので、相当にラッキーである。

なお資料によると関西地方におけるイタチの存在は、関東方面で「害獣」とされているハクビシンのそれに近いという。
相応の被害も出ているし、そこまで珍しくもないという訳だ。
150719026.jpg
見た目的には猫より小さいくらいの、しなやかな可愛いけものである。

ただまあ正体はノロイだ。
このあと陸に上がるなり跳躍、たちまちガンバの仲間らしきものを瞬殺していた。
150719027.jpg
顔は見えないが、なんか「ピキッ!」とかいう鋭い悲鳴が聞こえ、何かを咥えてそそくさと薮の中へと消えていったもんですよ。

最後っ屁で知られるイタさんは臭いも強烈であり、近縁のフェレットは臭腺を除去した上でペットとして飼われております。

150719028.jpg
おなじみの皆さんや、思いがけない出会いとともにどうやら今年の夏が始まった。

150719029.jpg 
カブトムシさんもよろしく。
【2015/07/19 03:18】 | ネイチャー | page top↑
| ホーム |