スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
山田雨月展『おもちゃ箱』
漫画家でありイラストレーターである山田雨月さんの、
吉祥寺ギャラリー絵の具箱で開催中の個展にお邪魔。
平日のスタート直後に会場の様子を撮影させてさせて頂いた。

1213001.jpg

1213002.jpg

1213003.jpg

1213004.jpg

1213005.jpg

1213006.jpg

1213007.jpg

彼女の作品は観る者のイマジネーションを掻き立てる。
あるいは、イメージを出力してゆく作業の楽しさ、すごさを再確認させてくれる。
だから程なく会場はクリエーター諸氏で埋まってゆく。
とくに待ち合わせるでなく作品に惹かれて自然と集まってしまった、そんな先生方とのお話も楽しい。

1213008.jpg

1213009.jpg

1213010.jpg

1213011.jpg

綺麗や可愛いだけじゃなく、どこか夢の中にいるような不安があるんですよね。
そんなことを口にすると、画家はそうなんですかと首を傾げている。
ほんとうにおもちゃ箱のような会場と、
おもちゃ箱をひっくり返した子供のような雨月さん。

1213012.jpg

1213013.jpg

1213014.jpg

1213015.jpg

1213016.jpg

1213017.jpg

1213018.jpg

「紙の目を追ったりしちゃうんですよ」
自在な筆致が紙の中に眠っているモチーフを掘り起こしてゆく。

1213019.jpg

1213020.jpg

「足を運べば、必ず獲るものがあります」。
ご覧になったある先生の言葉に、私も諸手を挙げて賛成したい。
本日最終日。
【2013/12/15 07:16】 | 未分類 | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。