映画『パプリカ』@テアトル新宿


今敏監督作品は『千年女優』『東京ゴッドファーザーズ』と観ているが、
実は劇場に足を運ぶのはこれが初めてだ。
邦画とアニメはあまり映画館に観に行くことがない。
つっても今年は池袋で『時をかける少女』も観てるけど。
おお、筒井アニメコンプリート。

細田守監督『時をかける少女』は決してアニメーション映画として凄い作品ではない。
監督の技術を知るファン層からはやや物足りないという指摘も聞く。
でもおらあ大好きだ。

時かけの場合、もともと原作自体が筋立てとしては何てことないジュヴナイルである。
だのに幾度となく映像化され愛され続けているのは、
読み手ないし受け手がその作品世界に自己の想いを重ね合わせているからに他ならない。
少女は常に自在に時空を駆け、少年はそんな少女に仄かな憧憬を抱く。

そういう意味で細田作品は間違いなく『時をかける少女』の映像化であり、
原作のエッセンスを正しく抽出し継承した愛すべき傑作なのだ。

一方『パプリカ』の今敏は鉄壁の画面完成度を誇るアニメーション作家である。
細部まで描きこまれ動き回る映像には一分の隙もない。
隙がなさすぎてアニメである理由すら見失いかけるというのは、
この人の長所でもあり短所でもあった。
前作『東京ゴッドファーザーズ』では舞台が普通に現代であるために、
この点がやや凶と出ている。
アニメでここまでリアルな現実を描けるのは凄いが、
同時にアニメでなければならない理由が今ひとつ不鮮明なのだ。

しかし『パプリカ』では見事に吉と出た。
絶対に実写やうそくさいCGでは表現できない世界を、
今敏はその拘りの絵筆で自在にスクリーンに描き出してみせたのである。
夢と妄想の果てないパレードは大画面で観る価値十分だ。

話題性重視で演技のうろんなタレントを使いたがる昨今の風潮に背を向け、
主演に今更のように林原めぐみを持ってきたキャスティングも素晴らしい。

私は必ずしも声優のアニメチックな芝居が好きなわけではないので、
ジブリ作品の批判等でよく聞かれる
「声のプロなんだから声優を使え」とかいう杓子定規な意見には全然賛同しない。
糸井重里や立花隆はさすがにどうかと思うが。

とはいえやはりベテラン声優の演技には、
耳で聴いているだけでも作品世界に没入できるだけの力がある。
仕事中にテレビ点けてると画面あまり観ないんで、
その凄さがよくわかるのですよ。

林原めぐみの脇を固めるのは大塚明夫、古谷徹、堀勝之祐、江守徹、山寺宏一。
東京ゴッドファーザーズから引き続き出演の江守徹を含め、
声優としては既に20年オーバーのキャリアを誇る面々だ。
これまた一分の隙もない布陣である。

演出や効果も含めたテクニカルポイントとしては、
現時点で最高峰のアニメ作品と評してもおそらく文句は出まい。
後は今敏作品独特の"今風のアニメではない絵柄"に対する好みの問題だろう。
ヲタ受け悪いんだよな今作品。

主題歌が平沢進『白虎野』(映画でのクレジットは『白虎野の娘』)なのは、
やっぱりちょっと笑った。
よく知ってるよこの歌。
っていうか数ヶ月前からiPodに入ってます。
千年女優も同じパターンだったし、
監督が平沢ファンなので仕方ないのは承知してるんだけど。
たまには使い回しじゃなくて書き下ろしちゃどうか平沢さん。

そうそう音楽関係で思い出した。
同劇場で16日からレイトショーにかけられる、
ムーンライダーズ『マニアの受難』予告編観ましただよ。
大画面に映し出されるおっさん連中の顔に、
暗闇でひとりニヤニヤしていたきもちのわるい俺様です。
予告編といえば『鉄コン筋クリート』も面白そうだった。
『イカとクジラ』も気になった。
そして映画業界では12月公開のものはお正月映画なんだなと改めて思った。

さあ働くよ。きりきり働くよ。
【2006/12/08 09:51】 | 未分類 | page top↑
| ホーム |