2010、本の祝祭
100921_16.jpg

9月18~23まで開催中の高遠ブックフェスティバル。
http://takatobookfestival.org/
初日にお邪魔して来ました。
昨年開催された第一回の模様はこんなん。
http://mokizo.blog81.fc2.com/blog-date-20090831.html
二度目となる今回は、6日間にわたるお祭りです。

100921_02.jpg
「本の家」での準備中。
今年はなぜか女性スタッフが多く、
主催者サイド(約一名)がおおよろこびでした。

100921_03.jpg
本の家エントランスでは、
妄想工作人乙幡啓子さんの素敵キッカイな作品展示。

100921_04.jpg
作品「パチンコCR乙幡啓子」。
遊びに妥協を許さない、
絢爛豪華な才能の片鱗を見てさわって楽しめる企画です。

100921_05.jpg
妄想工作所謹製手ぬぐい「ちしお」。
みゃくみゃくと流れる血球たちをグラフィカルにあしらった逸品。
もちろん買いました。


100921_06.jpg
高遠の空は広い。


100921_07.jpg
季刊レポ立看の文字は私の仕事です。
チョーク片っ端からへし折ってごめんなさい。

100921_08.jpg
サンダ対ガイラ。
ではなく、ブックフェス公式キャラ「ニノ」VS.
技能五輪・アビリンピック長野大会公式キャラ「わざまる」。
スパナは決して武器ではない。


100921_01.jpg


100921_09.jpg
展示やイベントは街のあちこちに広がっている。
ふと気づけばバス高遠駅構内に可愛らしいファニチャーたちが並んでいた。
「本のための小さな家具展」。

100921_10.jpg
本部企画展「高校生が作るブックフェスティバル」。
クオリティもさることながら、その熱意が楽しく嬉しい。


100921_11.jpg
図書館へ向かう途上でアキアカネを拾う。


100921_12.jpg
「しりあがり寿さんと灯篭を作ろう!」
こどもたちの前であいさつするしりあがりさん。

100921_13.jpg
そして大きな灯篭にむかって自在に筆を揮う。

100921_15.jpg
まごうかたなきしりあがり灯篭完成。


100921_14.jpg
私のひるごはん、ソフトクリーム。
ちょっと元気がないな。



100921_17.jpg
やがて日が落ち、街の灯がともりはじめるころ

100921_18.jpg
灯篭にも明かりが入る。

100921_19.jpg
こどもたちの描いた灯篭のあえかな光も、
暗さを増す夜のなかで次第にあかるく燃えはじめる。

そんなような初日でした。
私は帰京してしまったけれど、フェスは木曜まで開催中。

皆さんも高遠で往く夏を惜しんでみませんか。
100921_20.jpg
【2010/09/21 23:36】 | 未分類 | page top↑
| ホーム |