保護色


「こないだ池袋で麻雀打ってたらサンボマスターいたんですよ」
「へー」
「でも皆気がつかなくて。帰っちゃってから店長が
『ウチの店はサンボマスターいても誰もわーってならないなあ』って」

先日お会いしたライターさんの話。

是非もない。
これが福山雅治とかならともかく、
雀荘で見るサンボマスターは、
単なる麻雀好きのメガネの兄ちゃんとしか思われまい。
仮に店がサンボマスターとゴーイングアンダーグラウンドで満卓になったとして、
そこらの点5の雀荘の風景と何が違おうか。
っていうかむしろ何だか近寄りがたい。
おしぼりがたくさん必要な感じだ。

背景に溶け込み過ぎたがうぬの不覚よ。

もっとも彼らとしても闘牌中に邪魔されるのは本意ではなかろうから、
これで別に問題ないのかもしれない。

11月もあと3日。

追記。
日テレ系で今晩2:15から東京ゴッドファーザーズやるだ。
観ながら仕事すっぺ。
【2006/11/27 21:54】 | 未分類 | page top↑
| ホーム |