旅をする本
080726.jpg
ブッククロッシングという活動がある。
http://bookcrossing.jp/

自分の読み終わった本、あるいは皆に読ませたい本を、
公共の場所に置いたり他人に渡したりして旅立たせてしまおうという試みだ。
むろんそれだけだと普通にリサイクルで終わってしまう。
ブッククロッシングではそれぞれの本にURLと固有のシリアルを書き込み、
GETした人がサイトにアクセスし報告してゆくシステムを取っている。
すなわち"本の旅程"が追跡可能なのだ。
2001年、アメリカのロン・ホーンベイカー&香織夫妻によって始められ、
今んとこ世界で68万人が参加している。

たとえばこの本。
http://bookcrossing.com/journal/3705579
2年前にウィーンでgiven to a friendのかたちでリリースされたものが、
現在までにオーストリア国内で6人の手元を回っていることがわかる。
しかしドイツ語だねまったく。
もちろん日本の人が登録したものは日本語なのでご安心めされい。

つっても上記のサイトにあるようにわが国にはまだ3000ちょいしか会員がおらず、
また存在も知られていないため、なかなかスムーズには旅してくれない。
http://bookcrossing.com/journal/5723166
この東野圭吾『放課後』は昨年12月広島でリリースされ、
つい最近渋谷にやってきてますね。
旅してるなあ。

で、例によって某企画でこれに参加しようってことになって。
メンバーがそれぞれ「旅に出す本」を3冊づつ選び、リリースしました。
私が何を選んだのかはまだナイショです。
とりあえず2~3か月様子をみる感じで。
ぜんぶ行方不明になってしまう可能性もじゅうぶんあるしさ。

世界中の人に読んでもらいたい本、
皆さんならどんな3冊を選びますか。
【2008/07/27 22:34】 | 未分類 | page top↑
| ホーム |