FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
石垣島に行ってきました(後編)
ええ、石垣島に行ってきたんですよひとつきくらい前に(泣)。
更新が遅れてものすごい遠い記憶になってしまった。思い出せるだろうか。
ええと俺ひとりで五万匹くらい捕まえたんだっけなサキシマキノボリトカゲ。
ishigaki_b001.jpg
かように思い出話は盛られてゆくものなのだ。
永倉新八翁の新撰組顛末記もちょこちょこ怪しい記述あったもんな。
体験者が歴史的事実を語るとは限らんとです。かれの記憶の中では真実かもしれないけどね。

話が逸れました。
島に行った経緯等は前編をどうぞです。
http://mokizo.blog81.fc2.com/blog-entry-352.html
ishigaki_b002.jpg

無謀なる斜め横断を試みたところをcoco先生に救出されたかめくん。
ishigaki_b003.jpg
腹甲に見事な蝶番があり頭と手が完全収納できる可変モビルアーマー、セマルハコガメさんです。
いずれ助けられた恩を返しにcoco先生を襲うと思うので、月のない夜はご注意なさるがよかろう。

干潟で刃物を振り回している剣呑な人はベニシオマネキ。
ishigaki_b004.jpg
ベニシオ・デル・トロと呼んでやろう。

ベニシオたちの横を胸鰭で器用に歩き回っているのはミナミトビハゼ、現地名トントンミー。
ishigaki_b005.jpg
子供の頃からなんでかすごい憧れの魚だったので嬉しい。
この仲間は魚類の分際であまり水に入りたがらない。
たまに飛び込むと水切りよろしく水面をピンピン跳ねて向こう岸に渡ってしまう。

「お前が先に入れよ」
「やだよお前が入れよ」
ishigaki_b006.jpg

オキナワハクセンシオマネキ、かな。
ishigaki_b007.jpg
なんせ石垣だけで7〜8種類のシオマネキがいるので恐ろしい。
前回ヤモリのときにも触れたが、生物相の厚み半端ない。
生半可なことではレギュラーはおろかベンチ入りもままならない感じだよ。

おっすオラしおまねき。
ishigaki_b008.jpg
顔がウルトラ怪獣のキングボックルに似ていると思う。
顔の上に眼柄を横に倒して収納できる溝があるのが萌えるんだ、シオマネキやオサガニ。

石の上に休んでいるのは、これもハゼの仲間かな。
ishigaki_b009.jpg
半透明な身体が美しい、ちっちゃな可愛いお魚だよ。

このあたりのちっちゃなお魚は同定が難しい。
ishigaki_b010.jpg
魚影が濃いので嬉しくなって「ぎょえ〜」と口に出したら「だいぶ疲れてますね」と労われた覚えがある。そうかな。
疲れてなくてもそのくらいのことは口走ってしまう自信がある。捨てろそんな自信。

これはヤエヤマバラハキリバチですかね。
ishigaki_b011.jpg
「石垣島 ハキリバチ」で検索すると選択肢に「coco」というのが現れる。恐ろしい。
これは浜辺に咲くクサトベラの花で、虫が蜜を取ろうとすると背中に花粉がつく仕組みがよくわかる。
なおクマバチはやっぱりこれを無視して花の側面から盗蜜に走っていた、と思う。
なんでそんなに花粉運ぶの嫌なんだろうか。利用されるのが癪にさわるのかな。

短い手を「よっ」と上げているミナミアオスジハナバチ。
ishigaki_b012.jpg
綺麗で可愛い。これもクサトベラに集っており、皆して海に背を向けてハチばかり撮っていた。
「何を撮ってるんですか」と声をかけて来た無邪気な観光客に「ハチを」と答えて怪訝な顔をされたのはcoco先生である。
そのときちょうど砂浜に這いつくばってハナダカバチの営巣と格闘しておられたので、不思議に思われたのであろう。
無理もない(観光客の怪訝な顔が)。

いかにも南国風の文様を身にまとうダンダラテントウ。
ishigaki_b013.jpg
とはいえ、こちらのナミテントウ同様個体差が激しい種類であるらしい。
ここでは熱帯のお面ふうなこちらを紹介しておきます。マッドメンが被りそう。

尋常ならざる眼力をお持ちの津田七節先生が見つけたブラーミニメクラヘビ。
ミミズちゃうねん。ヘビやねん。
ややピンが甘いのだが、スマホでご覧の方は拡大すると鱗が確認できると思う。
ishigaki_b014.jpg
不肖私めも名前は知ってたけど、フィールドでこれを見て瞬時にメクラヘビだと判断できるのは「引き出しの開け方」を知っている人ゆえの離れ業である。ほんとすごいと思う。
残念ながらお亡くなりになっていたが、生きてたら尖ったお尻で突っついて来たに違いない。いつか生体に会いたいものじゃ。

七節眼力シリーズパート2。これ小枝やないんやで。ゴミちゃうで。
ishigaki_b015.jpg

手足伸ばしてくれるとなんとなく正体がわかる。ええ、コブナナフシです。
まあ七節先生の専門ではあるんだけど、水槽の中とかならともかく林の中でこれ見つけられないって。
ishigaki_b016.jpg

河べりの砂地にはミカドアゲハが吸水に来ていた。
ishigaki_b017.jpg
これが飛ぶと表側の模様はアオスジアゲハにやや似ている。
なんでも飛んでるところを撮ってしまうcoco先生のブログにちらと見えているので、併せてご覧になるとよろしい。
あとでリンク貼るからね。今貼ってそっちに夢中になってこちらを忘れられるとなんだか寂しいからな。

ベニトンボ。うわあなんですかねこの色彩。
ishigaki_b018.jpg
本土の赤いトンボはバーミリオンやスカーレット系の赤さなのだが、石垣の赤はカーマインである気がする。
なんというか、深い。

アカスジベッコウトンボに至っては羽まで真紅である。
ishigaki_b019.jpg

これも会えるのが夢でした。オキナワチョウトンボ。
ishigaki_b020.jpg
色彩の妙に口を開けて見とれてしまう。
誰が一頭一頭こんなだんだら模様に塗るんだろうねえ。

ベッコウチョウトンボという別名があり、なるほどアカスジベッコウよりもこちらの方が実に鼈甲である。
ishigaki_b021.jpg
確かにこういう模様の櫛あるよね。今は手に入らないけどね。

翅の半分を綺麗に黒く染めわけた本種は、コナカハグロトンボの雄。
ishigaki_b022.jpg
コナカは学名から来たのかなと思ったらEuphaea yaeyamana Ogumaで関係なかった。
ついでに言うと本土のハグロトンボとも別に近縁ではないらしいので、なんだかよくわからない和名である。
個人的にはワンダー3のボッコ隊長の耳の染めわけだと思う。

絵としてはなかなか美しい光線状態の一枚だと思うのだが、写っているのはでっかいムシヒキアブの殺し合いである。
ishigaki_b023.jpg
この状態を手に乗せているというのもよく意味がわからない。
私もたいがい色んな生きものを手のりにする方だが、カメラを向けながらこの絵面はどうなんじゃろうと思っていた。
色々な意味で目眩を覚える写真である。

おいしいジュース屋さんのそばで頑是ない戦闘を繰り広げていた二匹。
ishigaki_b024.jpg
こねこカレンダーに出てくる人たちのようである。
元気にたくましく育つのじゃよ。

ハチはもちろんトンボも詳しいcoco先生のガイドで見られたコシブトトンボ雄。
ishigaki_b025.jpg
なるほど腰が太い。っていうか胸元のぐにょぐにょの迷路模様の方が気になるんですけど。命名に当たってどうして腰の太さが優先されたのかしらん。
和名は時々そういう不思議なことがある。あきらかに首っていうか顔が長いヒゲナガオトシブミとかね。

昼間のヤモリは猫目。
ishigaki_b026.jpg
前回も触れたようにヤモリ種類多いねん。
やっぱりホオグロヤモリじゃなかろうかとしておきます。しっぽは再生後かな。

カンムリワシ見ないねえ、と話してたら「おるぞー」と現れた一羽。油すましか、君は。
ishigaki_b027.jpg
カンムリらしきものが見当たらないのはまだ若いからなのかな。

猛禽はしかし精悍ですなあ。
ishigaki_b028.jpg
若き日の具志堅用高氏はこの雄々しい鳥に憧れ、「ワンヤ、カンムリワシニナイン(自分はカンムリワシになりたい)」と発言したためカンムリワシのニックネームを頂戴したのだそうだ。
わだばゴッホになると語った棟方志功氏が結果としてゴッホと呼ばれてはいないことを思うと、具志堅さんは割とあっさり目標を達成したのだな。

最終日、宿を出た植え込みに呑気に止まっていたキョウチクトウスズメ。
ishigaki_b029.jpg
本土のウンモンスズメに似るが、より複雑な模様をもつ美しい蛾である。
っていうかウンモンスズメかなと思ったら七節先生がキョウチクトウスズメですかねえと一瞬で喝破したのだ。
恐ろしい。同行の先生方が恐ろしい。

そんな生きものまみれの幸せな三泊四日でした。
それでも当然だけど会えてない生きものたちの方がずっとずっと多い。
ishigaki_b030.jpg

で、coco先生のブログはこちら。飛翔写真とあと食べものが恐ろしい。
その1 http://horror.g.hatena.ne.jp/COCO/20180626
その2 http://horror.g.hatena.ne.jp/COCO/20180627

七節先生のモーメントはこちら。私がついに撮れなかった赤い鳥を執念でたくさん捉えておらるるのが恐ろしい。
https://twitter.com/i/moments/1011168178540429313

ほんとに楽しゅうございました。
またこのメンツで行けたらいいな、と思ったことです。
その日まで石垣のみなも達者でな。
スポンサーサイト
【2018/07/27 04:48】 | ネイチャー | page top↑
石垣島に行ってきました(前編)
coco先生の引率で津田七節先生と三人でたのしい遠足。
以前から行きましょうとは言ってたけど本当に行っちゃいました。
人間やればできるもんだ。
ishigaki_a001.jpg
もっとも私がやったのは自分の乗る飛行機の手配くらいだよ。えっへん。
出発地が違うもんでこれはひとりでやらないといかん。

そして空港までのバスが予約制であることに気づかず、あやうくヒコーキに間に合わなくなりかける抜け目のない俺様。
ishigaki_a002.jpg
ひとりでできてないよ俺。だめじゃん俺。
でも無事着いたし天気もいいから結果オーライだ。

島には二時間ばかし先に着いてたのに、後から来た二人に先にタマムシを見つけられるあたりも抜かりがないぞ。
ishigaki_a003.jpg
私に見せるために宿まで連れて来てくださいました。すまんこってす。
街路樹のモモタマナに付くアオムネスジタマムシさんです。

その足で原チャリを借りてバンナ公園に向かう。
「お、客人か」
ishigaki_a004.jpg
好奇心旺盛なキノボリトカゲ翁に歓迎されて嬉しい。
爬虫類だいたいおじいさんぽい説は私の持論です。

宮古島以南に分布するスジグロカバマダラがふわふわと飛び回っておらるる。
ishigaki_a005.jpg
カバマダラといえば毒蝶なので、たちまちウキウキする。
理由はよくわからない。好きなんだよ有毒生物。

ヨツメオサゾウムシ。これも南の虫ですなあ。
ishigaki_a006.jpg
和名は鞘翅にある斑紋を四つ目に見立てたものか。
ヨツホシとせずにヨツメとした命名者の気持ちがちょっとだけ知りたい。

温室でない場所を飛んでるのを初めて見たオオゴマダラ。
ishigaki_a007.jpg
蝶としては日本最大とされる成虫も存在感抜群だが、金色に輝く蛹も美しいぞ。
多摩動物公園の昆虫館で通年展示されているので、ぜひご覧頂きたいぞ。

オオジョロウグモ。
こちらも網を作るクモの仲間では日本最大種であり、小さな鳥くらいなら絡め取ってしまうんだ。ひええ。
もっと大きいやつが見つかれば七節先生が咬まれてみる予定だったが、幸か不幸かミニサイズしか出会わなかった。
ishigaki_a008.jpg
なおDPZのあの平坂氏によれば
「ハチに刺された程度には痛むらしいと聞いていたが、実際に咬まれてみるとたいしたことは無かった」とのこと。
http://www.monstersproshop.com/biggest-spiders-japan/
とはいえなにも皆が咬まれてみることはないと思う。念のため。

これは本州でも見られる、フレンドリーなキボシカミキリ。
ishigaki_a009.jpg
このあと私の手に乗せたらうんこをして落ち着いた風であった。

何を思ったか緑色の葉の上に乗ってしまった茶色いナナフシ。
ishigaki_a010.jpg
アマミナナフシでいいのかしらん。
この手のナナフシはおそらく世間のイノセントな皆様が考えているよりは樹木と一体化しておらず、普通に見つかります。
もっと無理なやつは後編で出て来ますのでお楽しみに。

ishigaki_a011.jpg
ツユムシの仲間と思われる幼生。
本土で知ってるやつより背中がまるいなあ。
石垣のバッタの仲間はやたらと多いので迂闊な同定は避けておくよ。

擬木をステージにしたがるあたり、行動がカナヘビくさいキノボリトカゲくん。
ishigaki_a012.jpg
そろそろと近づくとやおら腕立て伏せを始めるのだが、coco先生によると威嚇らしい。
相手を恐れさせ、なおかつ筋力をも鍛えられるという恐るべき技である。

人間としてはトカゲの腕立て伏せは特段怖くないので捕獲してみた。
ishigaki_a013.jpg
口を開けて若干怒っているようではあるが、この後おとなしく頭を撫でられていた。
かわいい。

しかし私以外の人間に対してはたちまち怒りを露わにするのであった。
戦慄のキノボリかみつき攻撃(語呂が悪い)。
ishigaki_a014.jpg
かわいい。

島のどこそこでむやみにメタリックな輝きを放っているのは、ナナホシキンカメムシ様である。
ishigaki_a015.jpg
本土のアカスジキンカメも綺麗だが、こちらのナナホシキンカメの金属光沢はちょっと尋常でない。
ついカメラを向けてしまうので、こんなに毎日大量に同じ種類のカメムシを撮ったのは初めてだと思う。

山の方へ行くと木生シダなどが密生しておりジュラ紀の森林もかくやという佇まいである。
ishigaki_a016.jpg
エダフォザウルスとかメガニューラとか出て来ても驚かないぞ。驚くよ。

足元の湿った落ち葉でなにか跳ねたものがある。
ishigaki_a017.jpg
リュウキュウカジカガエルの小さいのだ。
いや、動かないとわかりませんねこれ。
カエルの種類も豊富な石垣でした。

ふと見上げた樹上に現れたサンクチュアリ。
ishigaki_a018.jpg
樹液に群がるスミナガシとサキシマヒラタクワガタですよ。
スミナガシは本土でも見られる蝶ですが、墨流しの名に相応しいシックな色味に真紅のストローが目立つ美麗種。
サキシマヒラタは言うにや及ぶ。
やっぱり夏はね。クワガタに会わないとね。

サキシマヒラタ男子大小詰め合わせ。
ishigaki_a019.jpg
大のアゴの開きっぷりが実に大人気なくてよろしい。

「客人、楽しそうじゃな」
ishigaki_a020.jpg

日本で最も美しい蛾と言われるサツマニシキ。
ishigaki_a021.jpg
実に息を呑む構造色でした。
しかしなんでそんな相撲取りみたいな名前なのかはわからない。あと芋焼酎。

「アズマニシキってなんでしたっけ」という私のぼんやりした問いかけに、
「金魚…ですね」と即答してくださった七節先生である。
ishigaki_a022.jpg
私も無駄知識はそれなりに多いつもりだが、両先生には敵わない。楽しい。

夜の石垣に繰り出す。
ishigaki_a023.jpg
擬木の上にちょこんと座るシロアゴガエルくん。

街灯に虫を求めてやって来たのはホオグロヤモリかな。
ishigaki_a024.jpg
かな、というのは石垣はヤモリの種類もなかなかに多いからだ。
本土にはほぼニホンヤモリ一種しかいないことを思うと、何やら実にもの凄まじい生物相である。

夜の公園でサイカブトを拾う。
ishigaki_a025.jpg
樹液には来ず、サトウキビの糖質をこよなく愛するカブトムシくんだ。
ヤシの実やパイナップルも大好きさ。甘いから。
……てなわけで沖縄の農業的には立派な害虫です。しくしく。

「シャチでーす」「ホコでーす」「ムシでございます」
ishigaki_a026.jpg
いわゆるシャチホコムシ、シャチホコガの幼虫トリオである。
これは上下逆さに枝にしがみついて、その名の通りシャチホコ立ちをしているポーズです。向かって左が進行方向。
最近はイモムシかわいいと言われることも多い蛾の幼虫の中で、ぶっちぎりの異形だ。エイリアン感半端ない。
着ぐるみ作るとしたら上半身と下半身でスーツアクターがふたり必要な造形だよ。

頭上を黒い大きなものがバサバサ飛ぶのでカラスかと思ったが、木に止まったところを見たらヤエヤマオオコウモリだった。
ishigaki_a027.jpg
大蝙蝠とはよく言ったもので、神田川のあたりを夕暮れにちろちろ舞ってるイエコウモリの軽く十倍はありそうに見える。
子熊が木からドテッとぶら下がっている塩梅で、よく考えるとなかなか異様な光景だ。
赤子くらい攫ってゆきそうな雰囲気だが、この仲間はめっきり果実食なのでそんな剣呑なことはしない。
このあとは器用に樹上を渡り歩いてパッションフルーツの花の蜜を吸っているようだった。

哲学者風味の濃厚なオオヒキガエル。
ishigaki_a028.jpg
晩年の井伏鱒二氏をも彷彿とさせる佇まいである。
カエルはあとサキシマヌマガエルも見た。次来るときはヒメアマガエルに会いたいな。

夜景なども撮ってみる。
ishigaki_a029.jpg
本当は満点の星空を見上げたかったのだが、雲がかかっていて叶わなかった。
山から見下ろす夜の街は明るい。実際、繁華街には深夜まで人影が耐えない。
遅くまで賑やかな南の島なのであった。

以下、後編に続く。
ishigaki_a030.jpg

頼りになるcoco先生と私、そして生きとし生ける森羅万象をこよなく愛する玉川数さんの共著、
『里山奇談 めぐりゆく物語』には津田七節先生も美麗写真をご提供頂いております。
https://www.amazon.co.jp/dp/4041066697/
よろしくお願いいたします。と宣伝。
【2018/07/02 03:43】 | ネイチャー | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。