桜の花、青い鳥
4月第一週も半ばに差し掛かったあたりで、ようやく今年も桜の季節@東京。
170405001.jpg
都内の開花基準となる靖国神社のソメイヨシノは10日以上前に開花。先週末には七分咲きくらいにはなってたらしい。
ところがすぐご近所である千鳥ヶ淵では、同じ頃にまだ一分咲きとの情報でした。どういうこっちゃ。
靖国の標本木だけ何かドーピングしてるのと違うか。

170405002.jpg
明日あたりから神田川の水面が花びらで埋まり始めるはず。

タチツボスミレはそろそろ終わりかな。
170405003.jpg

白いスミレはオトメスミレかシロバナタチツボスミレか。
170405004.jpg

170405005.jpg

やたら派手なくちばしが目立つ水鳥は、バンさん。
170405006.jpg
北尾トロさんの猟師本をお読みの方は御承知のように狩猟鳥です。
これに対して、くちばしが白いオオバンは撃っちゃだめです。

陸に上がるとむやみにでっかくて黄色い脚も目立つのだ。
170405007.jpg

170405008.jpg

カルガモの仲良しペア。
170405009.jpg
雌雄でルックスが違いがちなガンカモの仲間の中で、この鳥はほぼ同じ色味。
したがってBL行動である可能性も残っております。

こないだテレビで聞くまで「渓流の宝石」の二つ名を忘れてた。水辺の青い鳥、カワセミ。
最近はもっぱら都市部の公園で会ってるからなあ。
170405010.jpg
おおきな口を開けてなんか文句言うてんのは女の子。

いっぽう男子の方はごはん探しに夢中だよ。
170405011.jpg

170405012.jpg

花が咲くとやってくるおなじみワカケホンセイインコ。
170405013.jpg
首周りの黒い輪がない個体。ちょくちょく見かけるけど個体差だと思っていいのかな。
何事かを声高に主張していた。街宣だったらどうしよう。

営巣を控えて巣材らしきものを集めるカイツブリさん。
170405014.jpg
時折池の真ん中でピリリリリリッと鋭い音で叫ぶ。街宣だったら(以下略

ムラサキケマン開花。
170405015.jpg
黄色と紫がおおい印象のある春の花のうち、紫陣営の先鋒ですな!

キンクロハジロの小規模な群れに遭った。
170405016.jpg
4月はそろそろ旅支度かな。また今度の冬に日本においで。

170405017.jpg

ワカケさんの犯行現場。
170405018.jpg
これはさっきとは別な個体ですね。

なんで花ごと取っちゃうかな、きみたちは。
170405019.jpg

こちらのヒヨドリくんを見習いなさい。
170405020.jpg
欲張って花に顔を突っ込むもんだから花粉だらけやで。
ごはんつぶつけた子供や。

170405021.jpg

桜の樹にただようタナトスはさまざまな人が指摘している。
中でも枝垂桜のシルエットの幽玄さときたらただごとではない。
170405022.jpg

林床にぽこりと顔を出すふしぎなとんがり帽子はトガリアミガサタケ。
170405023.jpg
食用になるきのこの仲間です。

近所に毎年出るところがあったんだけど、5年くらい前から沙汰やみになっていた。
170405024.jpg
今年は会えたので嬉しい。

咲き始めの頃のカラスノエンドウの柔らかい色味がとても好きです。
170405025.jpg
でもこれだいたい1~2週間でアブラムシの巣になっちゃうんだよなあ。しくしく。

170405026.jpg

薮の中に動くものがあったのでそうっと近寄ってみたら、青い小鳥でした。
170405027.jpg
ルリビタキの男の子です。
170405028.jpg
胸元のイエローがシャレオツ!

雄のすぐ近くにいた女の子。
170405029.jpg
前回のジョビ子同様、ヒタキの雌の面差しは優しい。

この週末でおそらく東京の桜はおしまいになる。
170405030.jpg
そして今年もまた、さまざまな生きものが浮かれ出すあの季節がやってくる。
【2017/04/05 21:34】 | ネイチャー | page top↑
| ホーム |