スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
新緑、花よ蝶よ蜂よ。
新緑の季節、到来。
160424001.jpg

160424002.jpg

メタセコイアの足元に拡がるのはアマナのお花畑。
160424003.jpg
もちょっと後にアップが出て来るよ。

藤の花が満開になれば、馴染みのお客がやってくる。
160424004.jpg

くまばち御一統様。
160424005.jpg
お鼻が白いのは男の子だとハチマエストロに教わったよ。

だからこちらが女の子。
160424006.jpg
なかなかの肉食系とみた。いや食性は蜜吸ってんだけど。

こちらが先程のアマナの株のアップ。
160424007.jpg
4月頭にも咲いてたけど、20日頃が盛りやね。

山藤亭のお客、こちらは忙しいセイヨウミツバチさん。
160424008.jpg
器用にバランスとってるよ。

「おいしい蜜はあるかしらん?」
160424009.jpg

ハマダイコンに遊びに来た可愛いハナバチは誰じゃろか。
160424010.jpg
このあと花に近づくとにゅーと舌がのびてくる。舌じゃないんだけどそんな感じ。
※追記 ヒゲナガハナバチ女子ではとの指摘をただちに頂きました。さすがマエストロ…。

160424011.jpg

セリバヒエンソウからえいやと飛び立つツマキチョウの女の子。
160424012.jpg

同前。こちらはショカツサイ(ハナダイコン)に吸蜜中。
160424013.jpg
端(つま)が黄色いのは男の子なので、女子はややツマキ感に乏しい。
でも後ろ翅の複雑な模様が雅な雰囲気で好きな蝶なのだ。

この季節の野に橙の点をちりばめるキクノハアオイ。
160424014.jpg
右に写し込んだオオイヌノフグリよりはひとまわり大きい。でも小さいよ。

林床に映える山吹色のヤマブキソウ。
160424015.jpg
でもみんなが知ってるヤマブキとはとくに関係ないのさ。

カイドウの花はせわしないコアオハナムグリたちで大賑わい。
160424016.jpg

ハマナスの花から飛び立つハナバチ。ハマダイコンに来てた子と同じかな。
160424017.jpg
助けてハチマエストロ。
※追記2 助けて頂きました。ハマダイコンと同じヒゲナガ女子だそうです。

ハルジオンに休んでいるのはヒゲナガハナバチの女子とみた。
160424018.jpg
※追記3 そしてこちらはヒゲナガでなくコハナバチの仲間ではとのことでした。ハチ道奥が深い!

160424019.jpg

立てば芍薬座れば牡丹の座ってる方。
160424020.jpg
さまざまな品種があるけどどれも堂々としててけっこう好き。なんか王侯貴族っぽい。

本年初ツマグロヒョウモン(♂)。
160424021.jpg
こちらはツマキと逆で女子の方がツマが黒い。
すっかり珍しくなくなってしまった新参者ではあるけれど、人をあまり怖がらない綺麗な蝶だ。

ショカツサイにお邪魔するアゲハに近づく怪しの影。
160424022.jpg

アクロバティックにストロー伸ばしてはるよ。
160424023.jpg

「ヒメ」の付かないオドリコソウ。
160424024.jpg
ヒメは早春の使者だが、こちらは桜の後にどんどこ咲き始める。

160424025.jpg
大学に行く途中にこじんまりとした群落があって毎年楽しみにしてるよ。

カラスノエンドウの葉でひとやすみのテントウムシ。
160424026.jpg

テングチョウを今年はたくさん見る。
160424027.jpg
この写真だと分かりにくいが、その名の通り「鼻」の長い蝶だ。
春先に出てるのは越冬個体なので少々くたびれてることが多い。
おつかれさまだよ。暖かい日差しを存分に浴びるがいいさ。

160424028.jpg

イカルは長い望遠を持ってないときに限って群れであらわれ、しかも低いところに降りてこない。
160424029.jpg
わりとガタイのいい鳥だし一度ちゃんと撮りたいぞ。

160424030.jpg

擬木のステージはカナヘビに大人気。
160424031.jpg

なんですか。
160424032.jpg

その手には乗りませんよ。
160424033.jpg

160424034.jpg

まるい葉っぱはカツラの木かな。
160424035.jpg

花菖蒲のクリークで吸水中のクロアゲハ。
160424036.jpg

これも綺麗な蝶です。
160424037.jpg

160424038.jpg

地べたをすたすた歩いてるアオジさん。
160424039.jpg
ぱっと見スズメみたいなので気づかないことが多いが、存在を認識するとけっこうしょっちゅう出会う。
あまり人を怖がらないので寄りやすい。ただ、動きはちょこまか早いぞ。

160424040.jpg
もう今年も夏が近い。
スポンサーサイト
【2016/04/24 18:50】 | ネイチャー | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。