春のイレギュラーなお仕事
4月のイレギュラー仕事をぱぱっと紹介。

・4月3日発行 『接客・商談の一流プロに学ぶ! お客様の心を動かす敬語と話し方』
(戸田覚著・ダイヤモンド社刊)カバー&本文イラスト
http://www.diamond.co.jp/book/9784478028667.html
接客・商談は組織と組織、あるいは顧客との大事な窓口です。
とかく敬語の用法が取り沙汰されがちな昨今、そのあたりを実際にお仕事をなさっているプロフェッショナルな皆さんに教えて頂いた一冊。
縁あってカバーイラストと本文の似顔絵アイコンを担当させて頂きました。

・4月15日発売『レポCD A面、B面、赤面』
(ワーナーミュージック・ジャパン)ジャケット装画&選曲・執筆(のひとり)
http://www.repo-zine.com/archives/14404
2010年創刊、この夏に20号をもって終刊となるノンフィクション専門誌・季刊『レポ』。
この謎なコンピレーションCDは、本誌執筆陣+ゲストが70~80年代の洋楽ヒットナンバーから自身の赤面ものの思い出と共に選んだ14曲で構成されております。
問題の思い出の方もちゃんと44ページの豪華ブックレットに収録。
気になる曲目はこんな感じ。↓
本橋信宏・選 KC&ザ・サンシャイン・バンド「ザッツ・ザ・ウェイ」
下関マグロ・選 アメリカ「名前のない馬」
北尾トロ・選 グランド・ファンク・レイルロード「アメリカン・バンド」
えのきどいちろう・選 アンドリュー・ゴールド「ロンリー・ボーイ」
山下陽光・選 ラモーンズ「アイ・ウォナ・ビー・ユア・ボーイフレンド」
海江田哲朗・選 ザ・ストラングラーズ「ゴールデン・ブラウン」
安田理央・選 ドクター・フィールグッド「ルート66」
霞流一・選 シカゴ「素直になれなくて」
日高トモキチ・選 クインシー・ジョーンズ「愛のコリーダ」
和田靜香・選 リック・スプリングフィールド「ジェシーズ・ガール」
佐藤温夏・選 デビー・ギブソン「ロスト・イン・ユア・アイズ」
あきやまみみこ&まつもとみみり・選 リマール「ネバーエンディング・ストーリーのテーマ」
乙幡啓子・選 トンプソン・ツインズ「ホールド・ミー・ナウ」
角田光代・選 シンディ・ローパー「ガールズ・ジャスト・ワナ・ハヴ・ファン」
http://www.repo-zine.com/archives/14267
てな訳で中味にも参加しておるわけですが、ガワの絵の方は
「男子受験生(高校生)が部屋でラジカセ(ラジオ)で深夜放送を聴きながら机に向かい、背中を向けて必死に勉強している図」
との注文で描かせて頂きました。
一聴一読の価値まちがいなしと、実物をまだ見ていない状態で保証いたします。
だって私はともかくこの面々の文章はお金払って読む値打ちは十分にあると思いますよ。

・4月17日発行『水族館で働くことになりました』
(描きおろしコミック・メディアファクトリー刊)
http://mediafactory.jp/Form/Product/ProductDetail.aspx?shop=0&pid=9784040674551&vid&cat=025&swrd
水族館の新人飼育員の日常とその成長を、実際に伺った内容をもとに再構成した描きおろしコミックです。
日高の単著名義になっておりますが、巻頭の美麗写真やコラム等「本物のアクアリウム」すみだ水族館さんの全面協力により完成した一冊です。
本書が水族館や水族館で働く皆さん、そして水族館の生きものたちを身近に感じる手引きとなれば幸いです。

よろしくお願いいたします。
【2015/04/13 20:48】 | 未分類 | page top↑
ハルガキタ
150403001.jpg
桜の春も、紅葉の秋も、とは国分寺市立第二小学校の校歌の歌い出しである。
今はどうか知らない。少なくとも数十年前はそうだった。

150403002.jpg
桜はちょっとした魔性の被写体である。
一見、花を撮るという能動的な行為のようでいて、実際はモデルによってシャッターを切らされているのだ。

150403003.jpg
それが証拠に毎年大量に同じような写真を生産している。しかも楽しくて飽きることがない。

150403004.jpg
昼休みの勤め人風のグループが
「桜なんてせいぜい数種類かと思ってたけど色んな花が沢山あるんだなあ」と嘆声を発していた。
きっと来年の今頃にはころっと忘れていて同じような感慨を抱くに相違ない。
毎年楽しめて何よりである。

150403005.jpg
こまかい品種を抜きにして大別すれば寒桜、寒緋桜、河津桜、大島桜、ソメイヨシノ、サトザクラ、ヤマザクラ、くらいなのかな。
さのみ詳しくはないので適当である。公正を期する向きは各自で調べられたい。

150403006.jpg

150403007.jpg
春は桜以外にも開花の季節である。
色合いこそ地味だが独特の存在感が好きなバイモも花をつけていた。くるんくるんした蔓が楽しいユリの仲間だ。
ちょっと調べてみたらいつのまにやら標準和名がアミガサユリになってるっぽい。
「貝母」の字を充てるバイモの名が好きなのに。

150403008.jpg

150403009.jpg
濃厚な色味の花と一緒に葉が出てくるサトザクラの佇まいは桜餅っぽくて好き。

150403010.jpg

150403011.jpg
桜は歳を重ねるとともに樹形がちょっと崩れ、枝振りが重力に負けた様相を呈してくる。
樹齢の行った老木は、だからたいがい上から押しつぶされたような感じになる。
薄桃色の花の塊に黒い幹や枝がどこか幽玄なコントラストを添えている様も、桜の絵面の魅力だろう。

150403012.jpg

150403013.jpg
ひなたではビロウドツリアブ君がうららかな陽光を浴びて気持ちよさげにホバリング。
春の到来を感じさせる生きもののひとつだ。

150403014.jpg

150403015.jpg

150403016.jpg

150403017.jpg
ぎーぎー文句を言う声でコゲラの存在を知る。
このスズメ大のキツツキは、例によってシジュウカラの群れに混じって桜の古木を突っついていた。

150403018.jpg
羽だけ見るとちょっとだけ猛禽っぽい。プロポーションに著しく精悍さが足りないけどね。

150403019.jpg

150403020.jpg
この「むらさき色のなのはな」もいつの頃からかショカツサイという和名になり、wikipediaにはオオアラセイトウで載っている。
私が子供の頃はハナダイコンってゆってましたよ。
アラセイトウというのはアブラナ科の植物を差す古い言葉だが、なじみがない上に園芸店ではストックの仲間の商品名になってたりするので混乱を招く気がする。
個人的にはムラサキハナナが判りやすくていいかなと思う。

150403021.jpg

150403022.jpg
桜吹雪というのはたいへんに風情のあるものだが、風もないのに花がもそもそ落ちてくるときは、
これはたいがい鳥さんの悪戯である。
見上げればやんちゃなスズメどもを筆頭に、
ヒヨドリやらムクドリやらが皆して寄ってたかって花をちぎっては投げちぎっては投げしておる。
でっかいワカケホンセイインコが加わっていることもある。桜の木もたいへんだ。

で、この日の花盗人はアトリの群れでした。
150403023.jpg
コゲラを撮ってたとき、超望遠ズーム抱えたおじさまに「何がいます?」と尋ねられたのでコゲラだと答えたら、
そこを上がったところの桜にはアトリの群れが来てますよ、と教えてくれたのだった。
「もう頭まっ黒ですよ」
これはアトリの雄が夏羽になっているという意味だ。
御礼を言い、コゲラが飛び去ったタイミングで坂を上ってみた。
なにしろ相手は翼があるので、さっきいた群れが今もいるとは限らない。
どうかなーと思ったが、連中花や若芽をむしるのに夢中で居座っていてくれた。特においしい樹だったのかもしれない。
このツーショットはつがいかな。先述のように奥の頭が黒いのが雄で、手前のちょっと薄い色のが雌だと思う。

150403024.jpg
こちらがたぶん女の子。鳥類の雌はどこか優しい面立ちをしており、なんだか好きだ。

150403025.jpg
幸い天気は保っているが、ソメイヨシノの見頃は今週いっぱいだろう。
でも、花や虫の本番はその後だ。
これからがわたくしどものオンシーズンですともさ!
【2015/04/03 04:22】 | ネイチャー | page top↑
| ホーム |