スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
とめどなく読書ノート
091120.jpg
先週あたりまでダヴィンチの企画で勝間本を延々と読んでいた。
我々の辿り着いた結論は本誌をご覧頂くとして、
世に溢れる「結局は金の亡者じゃないか」的な勝間批判が、
見事に的を外しているというのはなんとなくわかった。

カツマさんが金の亡者でないと言ってる訳ではない。
っていうか、そんなん知らん。
ただ、経済的成功を説いてる相手に対して、
「所詮金儲けだろ」って指弾してみてもはじまらんと思う。
所得倍増計画を提唱する人間がお金にシビアなのは当然であり、
そこにケチをつけるのはどうにも筋違いだ。

ビジネス書の著者に滅私奉公を要求してどうする。
お金に興味はない、人類の幸せを願うだけだという奇特な人種を探したければ、
もっと別の餌場があろうよ。

とはいえ最近の彼女自身に、
そういうツッコミを受けがちなポーズがないとも言い切れず。
今後の動きが勝負でしょうね、やっぱり。

個人的には現状で元気な人に頑張って欲しいと思ってるので、
外野からこっそりエールは贈ります。
妬んだり蹴落とそうとするにゃ生きてる世界が違いすぎるがね。

*

小坂俊史『中央モノローグ線』読了。
小坂さんの、
シニカルな視線の中に垣間見せる突き放した抒情がとても好きなのです。
情感をウエットに描くのは意外と誰にでも出来るけど、
淡々と紡いでゆくのは至難の業ですねん。

あと、この人数の女子のリアルなモノローグを、
精子脳的妄想に陥ることなく描き分けられるのは、
やはり稀有な資質だと思う。
まちがいなく女子中学生が棲んでいなさるね、先生の中に。

読後に凛とした寂寥感を残す、
抑えた色調のアートワークも素敵な一冊。
なんだか読書の秋ってかんじがするよ。

ちなみにかつての武蔵境の住人は、
総武線&東西線直通の届く届かないの壁をふまえた上でなお、
ちょっと三鷹には親近感を抱いてたりもしました。
吉祥寺をかるく仮想敵とした、ごく一方通行の同盟意識ですなあ。
とほほ。

*

庄司浅水『世界の秘話』。
一番好きな文庫はと聞かれたら、迷わず現代教養文庫だと答えられる。
貧乏学生が牧逸馬や香山滋に触れることができたのは、
このシリーズのおかげだった。
ブランドとしては2002年に惜しくも消滅してしまったが、
ラインナップのうち幾つかはちくまや中公から再文庫化されていて、
書店で手に取ることができる。

本書は海洋奇談の語り手として名高い庄司浅水の手になる一冊だ。
タイトルにある通り特に海限定の内容ではないが、
それでもマリー・セレスト号や幽霊船、
米西戦争における港口閉鎖作戦の話の筆の冴えはさすがである。

しかし何より私が気に入ったのは「ム大陸」の伝説。
音引きが入らないだけでこんなにもグロンギ語。

初版は1959年。
下にあとがきに引用された、
ソ連のジャーナリストによる21世紀予想図を孫引きしてみる。
なかなか面白いんで、ながながと失礼しますよ。

「同書によると、二十一世紀はプラスチックと合成繊維の時代となり、
石炭は地下でガス化され、人間は地下の重労働から解放され、
医者は運転室にすわったまま、ボタンを押すだけ、機械が患者を診察し、治療する。
また、超音波のメスで、血の出ない外科手術がおこなわれ、心臓の修理もできる。
睡眠の生理が解明され、一日に一~二時間眠るだけで十分、
だから、実質的には寿命が二~三割方のびたことになる。
あまった時間は芸術や音楽にあてられる。
また、いろいろな病原菌が解明され、有効な対策が講ぜられ、
人間の寿命は現在よりはるかにのびる。
さらに、性の「調節」ができ、雌雄が自由につくられるようになる。
人工太陽が打ち上げられ、天候も自由に支配でき、道路が車を運転し、
歩道もエスカレーター式に移動する。
タタール(間宮)海峡にダムができ、大発電所と化し、
その結果、日本には冬がなくなり、雪が降らなくなる。
また、月には人間の住む常設科学ステーションがつくられ、
水爆の利用で、ヒマラヤを貫通する南北鉄道が出来るという」

記者はよもや二十世紀中に祖国ソヴィエト連邦が消滅するとは思わなかったろう。
文明はたいがい予測者の期待を裏切るかたちで進化する。
そして庄司浅水はここにさらに次の一文をつけくわえた。

「現在、不明とされている、宇宙や海の神秘も、
そのときまでには、だいぶ明らかにされるものもあろう」

50年前の謎は、たいがい今も謎のままだ。
たぶん100年経っても。

でもちょっとだけ解明されたりするかもしれない。
その他力本願な期待を未来に託すのは、なかなか楽しいやね。
スポンサーサイト
【2009/11/20 02:39】 | 未分類 | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。