スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
こっそり学祭
091109_01.jpg

先週末の土日は早稲田祭でした。
大OBであらせられるホリイ憲一郎博士にお知らせもろたんで、
ひょこひょこ出向いてみましたよ。

大隈講堂前特設ステージでは次々にイベントが繰り出されるため、
詰めかけた観衆でどこが正門やらよくわからない状況になっている。
交通整理にあたる学生諸君の苦労がしのばれますのじゃ。

ちょうど通りかかった際、
誰か知らんけどタレントさんがステージに上がってたらしく、
デジカメ出してた通りすがりのおいちゃんが「撮影禁止です」と注意されていた。
禁止だと言われれば撮らないのが撮影者のマナーである。
だから冒頭の一枚はイベント終了後に撮ったものだ。

しかし早稲田祭に来て大隈講堂にカメラ向けるなってのもおかしな話だぞ。
撮影禁止なイベントを天下の往来でやるなよ。

091109_02.jpg

大学漫研のイベントといえば似顔絵描きでございます。
1枚200円はもう四半世紀以上据え置きではなかろうか。

サークル的には部費以外の唯一の収入源であるため、
毎週似顔絵ゼミを開いて部員一同まじめに練習いたします。
不肖私もかつてゼミ長を勤めさせて頂きました。
ちなみにわたくしの先代は現代洋子先生です。

空いてたらサクラやったれと思ってたんですが、どうしてどうして。
091109_03.jpg

えれえ盛況でしたよ。
ホリイさんも現役部員に混じって描いてらっさいましたね。
しかし私を一目みて「何、痩せた?」と尋ねられたは、
少々眼力が弱られましたな。ウフフ。しくしく。

下が早大漫研の機関誌『早稲田漫』74号。
091109_04.jpg

おらあ32号の編集長でしたよ。歳は取るもんじゃのう。
今回はなんと。
巻末にホリイ博士によるけらえいこ先生ロングインタビューを掲載。
ファン必読。でも前篇。
「続きは来年の春号に載るんで必ず買うように」(ホリイ博士の命令)

なお、一冊500円のこの冊子ですが博士の命令でOB価格は1000円でした。
うわあい。
まあ現役部員の皆さんの活動資金だからね。
払うにやぶさかでないですよ。

372ページはなかなか読みごたえありました。
自分の学生時代を思うと、
ここに描いてる人全員プロになってもおかしかない気がするよ。
いやマジで。

ひとつだけOB目線で難を言わせてもらうと、ちょーっと編集が雑です。
もう少し並び順とか作品と作品の間の取り方とか、
読む人のことを考えてあげて欲しいと思いましたよ。
目次に漏れてる作品もあるし。

でも、じゃあ最近の商業誌がその辺に留意して作られてるかって言われると、
いまいち自信ないのですが。
ジャンルによっては、
コミックス出すための単なるクリップボードみたいなもんだったりするからな。

あたしゃ現役時代から積極的に後輩の面倒みる人じゃなかったんで、
それ以上の論評は差し控えます。
ただ、ポーズじゃなく本気で応援はしますよ。
自分も含めた漫画界の将来ってもんがありますからね。やっぱり。
年寄りが呑気に若い芽摘んでる場合じゃねえでしょ。

同様に、若いのがぐちぐち文句言ってる場合でもありません。
既存のものにねちねちケチ付けてる暇があったら、まんが、かけ。

おまけ。
妙にレトローな都電。
091109_05.jpg
091109_06.jpg
091109_07.jpg
どあにきをつけて、どあに。
スポンサーサイト
【2009/11/09 21:08】 | 未分類 | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。