つけめんカルチャー
090907_1.jpg
早稲田通りと明治通りがぶっ違える馬場口の交差点に、
つけめん朝日という名前の店がある。

20年前はえぞ菊くらいしか無かったこの界隈は、
いつの間にかラーメン激戦区ってことになっている。
早稲田と高田馬場を結ぶルートはいわゆる学生街で、
ラーメンと大学生といえば確かに親和性が高いような気はする。

とはいえ周知の如く昨今のラーメンは一杯700円オーバーだったりして、
決して貧乏学生に優しいメニューとはいえない。
あるいは近頃の大学生は、
セレブーでリッチーなキャンパスライフーを送ってけつかるのだろうか。
セレブ喰わねえだろラーメン。

ともあれ普通に相場の値段の店が軒を連ねる中、
この『朝日』だけがただひとり不穏な看板を掲げている。

曰く、「早い、うまい、安い 320円~」。

ずいぶん思い切った価格設定である。
思い切りすぎてなかなか入る気になれない。
320円とは言えおカネを払うことに変わりはないわけで、
他店の半分以下の値段で、
半分以下のクオリティのものを喰わされる危険を思うとね。
お得感より先にリスクの方が気になるってばよ。
麺が食べたければ他にいくらでも無難な選択肢あるからな、激戦区。

それが先日、ふと気が向いたんで入ってみたわけです。
券売機を仔細に眺めて、価格設定の謎が解けました。
要するにアレだ。讃岐うどんチェーン店システムなのね。
320円ってのは麺150gの「すつけめん」の値段やねん。
「す」はすうどんのす。
で、そこから麺中盛りや大盛りにしたり、
各種トッピングを加えてカスタマイズしてゆくと。

システムとしては完全にこちらの裁量次第なわけで、
その時の腹具合や懐具合に応じて加減できるのは悪くないと思う。
各種トッピングを含めてもまだ割安だし。
とりあえずチャーシューつけ麺中盛り680円を選んでみました。
カロリー注意だぞ俺。

いやあ実に看板に偽りなしのチャーシューつけ麺中盛りでしたわ。
出てきたのは麺とチャーシューと、あとつけだれスープのみ。

当り前やんけと言うなかれ。
スープ、心底ピュアーに「スープ」やねん。
メンマやナルトはもちろん、薬味のネギすら浮いてない。
本当に純粋な茶色っぽい汁のみです。
結構カルチャーショックあったな。

味に関しては色々評価があるみたいですが、
その辺は私の領分でないので気になる方はご自分で御調べあれ。
個人的には「すげーウマー」とまでは思わんかったけど、
特に問題なく300g完食致しました。

舌の肥えたグルメーな人にはお勧めしません。
ただ、学生街には向いてるっていうか好ましいお店じゃなかろうかと。

そういうのって結構大事だと思うっす。
90907_2.jpg
【2009/09/07 18:58】 | 未分類 | page top↑
| ホーム |