夏の終わりの変ホ長調
090831_001.jpg
@高遠ブックフェスティバル。

090831_002.jpg
090831_003.jpg
090831_004.jpg

090831_005.jpg

090831_006.jpg
090831_007.jpg
090831_011.jpg

090831_008.jpg

090831_009.jpg
090831_010.jpg

090831_012.jpg

090831_013.jpg

スタッフの皆さん、お疲れ様でした。
090831_014.jpg

そして明日からは九月。
090831_015.jpg
【2009/08/31 08:45】 | 未分類 | page top↑
行ってきます
090829_2.jpg
いや、決して練馬区大泉に行くわけではなく。
http://takatobookfestival.org/
この車掌さん目ちっせえと思った。

「そんじゃ行って参りますであります。
お越しの皆様には現地でお会いしましょう」

…に、停まります。ポォォーッ(SE)。
090829_1.jpg
【2009/08/29 06:33】 | 未分類 | page top↑
フライング大将
090827_1.jpg
今日の発見。
クライスラーのエンブレムは、ベムスターの口に似ている。
むろん顔じゃなく腹についてる方。

*

ゆんべフライング投票を済ませて来たんで、
オラの衆議院選挙はもうおしめえだ。
某新聞は民主が200議席増えるとか計算してたけど、
正直あまり考えたくないなあ。

他人様のポリシーに難癖つける気はないです。
むしろ思想の方向性がまったく不明瞭な政治団体が、
そんなに票を集めてしまう状況を奇異に感じるだけ。

菅直人と小沢一郎が同じ政党に属してる事実が、
未だに不思議でならんのさ。

仮に新聞の予想通りになったとして、
その得票数をイコール国民の支持だとは思わないで頂きたい。
かれらの多くは単に現政権を支持してないだけなのだ。

そのような瞬間的ムーブメントを本当の支持層に育てられるか、
期待外れだとそっぽを向かれるかは今後の努力次第ってこった。

いずれにせよ私個人の判断とほとんど関係なく、
民主主義に則って大勢は決し世界は動いてゆく。
一国民としては常に政権担当者に頑張ってくれと言うしかない。
いやもう頼みますよ、ほんと。

*

所用で東池袋に出たら、下の写真のような情景に出くわした。
あまりのことに直ちに店に入ってもりそば頂いてしまったよ。
昼UFO喰った後なのに。
げふー。

食後、挨拶して撮らせて頂いた一枚である。
あの人を逸らさぬ笑顔でニコニコ快諾して下さいました。

090827_2.jpg
この看板娘ならぬ看板大将は、ちょっと飛び道具だと思う。
【2009/08/27 23:00】 | 未分類 | page top↑
毎日おもしろい
090826_1.jpg
打ち合わせの最中、火の鳥望郷篇の話で盛り上がる私が宇宙商人ズダーバンです。
ちがいます日高です。
M君はムーピーゲームに興じたいのだそうだ。
あいつら500年くらいしか生きないよと言ったら、
その前に僕が死ぬから大丈夫ですと答えよった。
なんと正しい意見だろう。
出版界の未来は君に任せたぞ。

*

ちょっと前に電車で乗り合わせた子供らが、
ずーっとえなりかずきのはちみつきんかんのど飴を歌ってまして。
以来数日間えんえん脳内ヘビーローテーションなわけです。

しかもガキンチョとあって歌詞を正確に覚えちゃいない。
「まいにちおもしろい、ケェッ、ケェッ」
最後が怪鳥音になっとる。
えなりのパーソナリティ的に「イェイ」より「ケェッ」の方が似合うので、
自由にアレンジを施してしまったものとみえる。
勝手に歌詞改竄すると川内先生が耳毛伸ばして怒るぞ君たち。

そういや
「これってホネコトバー、これってホネコトバー」と歌う子供らにも遭ったな、
むかし。
言葉の乱れを嘆く内容の歌詞が間違えられるのも、
なかなか因果な話である。
今調べてみたら渡部チェルの作曲だったよ『これってホメことば?』。

それにしてもえなりかずきのノーベルのCMって結構古くねえかと思ったら、
去年の1月からやってて今でも放映中なのだった。

毎日おもしろいのはいいことだ。うん。
090826_2.jpg
【2009/08/26 16:31】 | 未分類 | page top↑
だよねえ
090825_1.jpg
近所のスーパーの店内音楽がEAST END x YURI『DA.YO.NE』で、
はげしく腰がくだけた8月下旬の日高です。

この店は他にも森川美穂『Blue Water』や平野綾『冒険でしょでしょ』等で、
買物中の俺のHPを増減させた前科を持つ。
そういう有線のチャンネルとかあるんだろうか。
括りはなんだ。
「微妙な懐メロ」とかか。

ビートルズは一定の年齢層の購買意欲を煽るという研究報告があるが、
これらのBGMにそのような効果が期待できるとは思えん。
でも面白いから今後も続けて欲しいです。
よろしくお願いしますポロロッカ食品館。

*

ジーンズは洗わない方がいいという都市伝説がある。
何がどう「いい」のかは知らん。
汚れが溜まってばっちくなるのは当り前だから、
買った時の風合いが長持ちするとかそういうニュアンスなんだろう。

確かに衣服は洗濯するたびに大なり小なり痛みます。
ヴィンテージものとか、そりゃ大事にしたいわな。

しかし最初から穿かなければもっとダメージ少ないぞ。

テレビで「ジーンズは洗わない方がいい」と口にするジーニストの皆さんは、
穿き続けなくても済む量のスペア持ってんですよ。
ま、それだけのこと(シャウアプフ殿・談)。

*

土曜から高遠なんで今週はよく働きます。
信じておくれ。
090825_2.jpg
【2009/08/25 08:21】 | 未分類 | page top↑
うらぶれベテルギウス
090824_1.jpg
ベテルギウスといえばオリオン座のα星である。
三っ星の"外側の四角"の左上の隅で赤っぽく輝く変光星で、
おおいぬ座のシリウス、こいぬ座のプロキオンと共に冬の大三角形を形成する。
このBetelgeuseというスペルは英語圏ではビートルジュースと発音され、
ティム・バートン監督の作品Beetlejuiceの元ネタになっている。

映画ビートルジュースの主人公はビートルジュースという男だ。
バイオ・エクソシストを自称するこの怪人物の詳細は作品をご覧いただくとして、
演ずるマイケル・キートンの白塗りパンダメイクは一度見たら忘れられない。
ティム・バートンの世界観だからな。
んで、日本語吹替版の西川のりおの仕事がまた素晴らしい。
マイケル・キートンは
「天下御免のビートルジュースや! プアッ!」なんて言わん。
じゃりン子チエのテツもそうだけど、のりおの芝居って好きなんだな俺。

楽器を抱えたビートルジュースに会ったのである。
おとといの晩。
あの人相は他には鉄拳か怪奇やの店主しか考えられない。
前者は髪型が違うし、後者はまあ、オッサンだから。

天下御免のバイオエクソシストは黒い帽子を深めに被り、
ややうつむき加減にとぼとぼと歩いていた。

冷静に考えると何かの罰ゲームなのかもしれないが、
それにしては夜9時に住宅街方面から駅に向かって歩いているのは妙だ。
やはりこれから御出勤であるとしか思えない。
そんなようなメイクのヴィジュアル系バンドなんだろうか。
まあ、有り得るな。

ここまで考えたところでふと思い当たった。
ライデン湯沢殿下が久しぶりに降臨なさったのかもしれん。

こんなうらぶれてないよ元聖飢魔II。
やっちまったものは仕方ないから背筋伸ばして歩こうぜ。
俺も顔に落書きされたまま自由が丘から上り東横線乗ったことあるぜ。
やっぱアレだね。みんな見るね。

関係ないけど映画ビートルジュース、
当時17歳のウィノナ・ライダーが異常に可愛いです。
『レオン』のナタリー・ポートマンぐらい可愛いです。

コーカソイドは経年変化が激しいのう。
090824_2.jpg
【2009/08/24 05:59】 | 未分類 | page top↑
こっちも祭りの準備
090822_3.jpg
先月も紹介した高遠ブックフェスティバル開催まで、
あと一週間となりました。
http://takatobookfestival.org/
画像は先月の取材時のもの。

090822_1.jpg

先日、祭りの晩にしか行ったことのない神社に足を運んでみた。
昼間の光に照らされたふだんのお社は、
びっくりするほど狭くて小さかった。
ここが祭礼の夜になると、
あんなに広くて人で溢れる賑やかな極彩色のパノラマに変身するのだ。
ふしぎふしぎ。

090822_2.jpg
これらの写真のたたずまいは、来週末はどうなっているのだろう。
とっても楽しみだ。

090822_4.jpg

当日は不肖私も会場のいずこかに潜んでおる予定です。
見つけられても何も特典はありませんが、
少しだけ珍種の虫を目撃するくらいのラッキー度ではないかと思います。
小吉程度のご利益はあるかもしれません。

よろしく。
090822_5.jpg
【2009/08/22 01:15】 | 未分類 | page top↑
祭りの準備
090820_1.jpg
現在、公職選挙法上における「政党」は以下の9つしかない。

自由民主党・公明党(与党)
民主党・日本共産党・社会民主党・国民新党・みんなの党・新党日本(野党)
改革クラブ(親与党)

それじゃあ新党大地や幸福実現党あたりは何かっていうと、
ニュースが伝えるところの「諸派」ってやつに含まれる。
その違いは第86条の第1~2項に定められており、
「所属する国会議員を5人以上有するか、
あるいは直近の国政選挙で全国を通じて2%以上の得票数があった」
なる要件を満たす政治団体が、政党として扱われることになってんだと。

もちろんこれはあくまで公職選挙法上の定義であり、
本人たちが政党を名乗ってれば政党だ。
ただ、選挙における待遇の差はけっこうでかい。

たとえば、これら要件を満たしている9政党に属さない諸派・無所属の候補は、
衆議院の選挙区での政見放送に出演できません。

えーそうなんだ。知らんかった。
届出を受理された候補なら、
誰でもテレビ出て放送禁止用語とかわめき散らせるんだと思ってた。
このような縛りは小選挙区制導入(1996)の際に一緒に課せられたもので、
都知事選とかには適用されないもんで気づいてなかったよ。

うーむ。これじゃあ政治に関心が薄いって言われても仕方ないなあ。
「国民の与り知らぬところで勝手にどんどこシステム変更してるのが悪い」
って開き直るのもアリかもしれんけど。

代議士ってうちらの代表として国政に参画してるわけなんだが、
選挙んとき以外は何してるか知らんよな。
たまに国会中継見ると寝てたりするし。

候補者たちが自分の政治理念を口角泡飛ばして国民に訴えかけ、
一方の選挙民たちもあの政党がどうした候補者がこうしたと、
やいのやいの囃し立てる。
すべては選挙という祭りの期間だけの喧噪だ。

祭礼がカタルシスの顕現であるとすれば、おもくそ盛り上がればいい。
笛や太鼓鳴らしてみんな踊ればいい。

はしゃぎ疲れて後で何もできなくなるとアレですが。
090820_2.jpg
【2009/08/20 04:30】 | 未分類 | page top↑
秋の声を聞く
090818_1.jpg
隣のマンションの人がベランダで鈴虫を飼い始めたらしい。
昨日あたりから朝夕に涼やかな音色が聞こえてくる。

子供の頃は実家でも毎年鳴いていた。
最初は大阪で近所の人に貰ってきたんだったと思う。
その後一緒に東京に引っ越して来た。

鳴く虫は色々あれど、
よく聞いてみると耳に楽しいものというのは決して多くない。
アオマツムシやクツワムシは喧しいばかりだし、
風流そうなイメージのカネタタキの幽かなチンチン音も、
部屋の中で鳴かれるとむしろ不気味だ。
いや飼ってるわけじゃなくて、勝手に入ってくんだよカネタタキ。
初めて聞いたときは家電製品の故障音かと思ったがな。

その点鈴虫の声はたいへんに快適だ。
本物の鈴よりよっぽど心地よい音色だよ。

鈴虫以外に好きなのはエンマコオロギの声である。
口笛にも似たコロコロコロという音はたいへんクリアで濁りがない。

小学生の頃、これを飼ってみたことがある。
家の中で聞いたらさぞかし楽しかろうと思ったのだ。
当時の国分寺界隈じゃマダラスズの次に多いコオロギ類だった。
今でもそう珍しい虫ではない。
ターゲットでかいから簡単に捕まえられるし。

そう、エンマコオロギはこの仲間の最大種である。
だいたい鈴虫の倍くらい。
ガタイのいい人というのはえてして声もでかいものだ。

草むらでこそ涼やかに響くエンマの鳴き声は、
3Kの公務員宿舎の中ではすさまじい大音声となって耳を圧した。
夏場は特にソワレを重点的に開催してくるため、
眠れたものではない。
一晩でめげて解放してしまった。

以前も別んとこに書いたけどさ、この話。
鈴虫の声で思い出したんで俺的アンコール。

*

昨日のはなまるでやってた、もやし調理の覚え書き。
茹では15秒。
炒めは5秒で、火を止めてフタして5秒。

仕事してます。押忍。
090818_2.jpg
【2009/08/18 08:27】 | 未分類 | page top↑
人の名前
090817_1.jpg
世界陸上の女子1万メートルに佐伯由香里選手という人が出たはって。
油断のならない感じのキャスターが
「サハクせんしゅ」と呼ぶので怪しんでいたところ、
本当にサハクさんでビックリした。
http://www.aruze.com/company/support/athlete/member/main.html

しかも斯界では結構有名なアスリートらしい。
すみません一般常識に割合に疎い私です。
のうみその抽斗が生活に役立たない方面に特化しておるとです。

同じ佐伯でもビーチバレーの佐伯美香はサイキミカさんだ。
同姓同名の人がAKB48にいるようだが、そちらはサエキミカ嬢であるらしい。
サハクはともかくサエキとサイキはどっちが多いのかな。

佐伯氏の出自ははるか古代日本にまで遡ることができる。
由来は諸説あるようだが、古墳時代にはすでに存在したことは間違いないとか。

ちなみに我が父の言によれば日高氏の祖は清和源氏であるそうな。
なんとなれば征夷大将軍を名乗ることも可能だぜ。
宮崎行くと「日高黒木は馬のくそ」って言葉があるけどね。
どこにでもある十把一絡げ的なものを意味するメタファーだが、
なんぼ南九州でも今どき馬糞はメジャーではない。
人のふんに言い換えるのが妥当かもしれん。
いやだ断る。

日本には無慮30万件近い苗字があるといわれ、
これは世界でもトップクラスである。
膨大な人口を誇る中国でもせいぜい数千種、
アメリカに至っては150種程度しか確認されてないらしい。

むろんこのような数字は推定値であり、
研究者によってかなりの異同がみられる。
けれど面白がる分には一向に構うまい。

そんな名前大好きのあなたに、全国の苗字データベース。
http://www2s.biglobe.ne.jp/~suzakihp/
サハクさん同様、
デンチュウの田中さんやススギの鈴木さんもおられることがわかります。
こういうものすごいサイト作って無償で提供してる人には、
いつも頭が下がるですよ。

盆休みが明けて、世間も通常営業。
090817_2.jpg
【2009/08/17 01:16】 | 未分類 | page top↑
| ホーム | 次ページ