たちまち覚めてしまえ
090604_1.jpg
レガシィのCMに出てるおっさんがロバート・デ・ニーロであることに気づかず、
かるくうちのめされた私が日高です。
いやまあ顔変わる人だけどさ。
似顔絵も描いたのになあ。

*

作業中、録り溜めてた『東のエデン』を流す。

羽海野チカ原案のファニーなキャラに眩惑されるが、
中味はまごうかたなき神山健治作品だ。
攻殻機動隊SAC同様、上質の近未来エンターテインメントである。
あれは基本設定が借り物だったけど今度は完全オリジナル。
やりたいことをのびのびやれている感があって楽しい。
#1からがっつり股間に消しだからな。
全裸男子大活躍は某事件の先取りであったよ。

ただ、本作品におけるニートの定義は実際のそれとはやや異なる気がする。
神山監督お得意の専門用語だと思った方がいいかもしれない。

惜しむらくは予定話数の#11じゃ完結しない(らしい)点で、
続きが今冬に劇場公開されるとかされないとか。
でもまあキリのいいところまではやってくれると信じたい。
フジの深夜枠はサムライチャンプルーの苦い思い出があるからな。

アニメも一期数百本のインフレ状態が終わり、
今期スタートは数十本程度に留まった。
その中で結局これとハガレンしか見てない私は、
今現在まんずアニメ者ではないです。

涼宮ハルヒはMXで見られるの気づいてなくて。
あと、一切の告知なしに前作の再放送からしれっと新作に入る演出は、
個人的にはちょっとあざとかったかな、と。
普通にばんばん宣伝かましても良かったんじゃなかろうか。

もっともこれは所詮一般人の思考回路。
あの世界のファンならこういう展開の方が好きかもしれない。

今週放送分から見てみるつもり。
しょこたんとこの桂子ママも絵描いてたし。

*

昨日からPC周りでばたばた。

今日になってデザイナーさんからpptファイルが送られて来て。
今のPCはOffice入ってるんで問題なく開けるはずなんだけど、
プロダクトキー要求されてビックリした。
ほぼまる2年間、一度もパワーポイント使ったことなかったのだ。
俺の仕事じゃほとんど用ないからなあ。

仕方ないんでPC関連のブツ放り込んであるカバン開けてCDロム探しましたよ。
昔使ってたホームページビルダーやらEUDORAやらのロムが出てきて懐かしかった。
もっと昔のソフト類は3.5インチフロッピーだ。
8インチとかの時代はコンピュータに縁がなかったです。
バリバリの文系少年やったけんね。

今のパソコン、フロッピー入れるとこないよな。
2DDで容量720キロバイトとかだからなあ。
あの頃はマシン自体RAM16メガバイトとかで動いてたし。
メモリはインフレ化の一途を辿るばかりなり。

Win95とかの頃はブラウザもIEは使わんじゃったのう。
最近のお子は知らんかもしれんが、
ネットスケープナビゲーターというのがあってなあ。
通称NN、ネスケ。
インターネットブラウザといえばこっちが主流でおじゃった。
また3.Xぐらいまでの頃のIEが出来が悪くてさ。
アンチも多くて「IEで見ると落ちます」とかいうサイトもあったもんじゃ。
あなおそろしや。

しかしその後どんどんIEが改善されると同時に、
なぜかネスケがどんどん使いづらくなり、
MacにもIEが標準装備されるに至って完全に立場が逆転。
現在に至っておるわけじゃ。

私自身はここ数年Lunascape~Sleipnirとタブブラウザ使ってます。
あとSafariの表示が好きで、時々動作確認も兼ねて立ち上げてるだ。
ウチの環境だとIE系より画像キレイに出るんだわ。

とまれ無事パワポのキーは入力できました。
これで日本も安心だ。

*

4月30日付で長野の卸売市場から着信があった話を書いた。

その後もう一度かかってきたのを再び取り損ね、
そして本日、三度目にしてついに話が通じたのである。

「はい」
「…オカダさん、ですか?」
「…ちがいます」
「…すみませんでした」

普通に間違い電話だったよ。
そうだろうなとは思ったけど。
三度も掛けてきたところを見ると間違えたまま登録かメモしたはるに違いない。
早く訂正してあげて下さいオカダさん。
それか電話の主の夢を壊さないように、
「はい、オカダです! パァ!」とか言えば良かったか。
そんな夢なんかたちまち覚めてしまえ。

*

半井小絵嬢は関東地方の梅雨入りは8日であると言う。
週間予報見るとそれまでもずっと曇りか雨なんですが。
本当は先週あたりから始まってんじゃないすか、梅雨。
内緒にしてるだけで。

そしてこういうときに限って、
外出の用事ばっかり続いてるのはなぜだ。うむむ。

とりあえずノブレス・オブリージュ。
まじめにはたらくまんがかたらんことを。
090604_2.jpg
【2009/06/04 00:03】 | 未分類 | page top↑
| ホーム |