スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
さびしがりやのクニット達へ
090518.jpg
行って来ましたムーミン展@東京駅大丸。
20日までだからほとんど駆け込みである。
ヤンソンの原画なら前回も見てるしいっかなーとも思ったのだが、
やっぱり足を運んでみました。
編集さんに招待券頂いてるし。Nさんありがとう。
行った甲斐がありました。

私的今回の目玉はムーミン本の挿絵の習作類の展示。
いわばボツネームの公開のようなものだ。
初期の緻密な挿画はもとより『仲間たち』や『11月』の一見ラフな迷いのない線が、
綿密な設計と何度もの試行錯誤の末に描かれていることがわかり、
ちょいと感じ入りました。

プロの仕事に対して「上手いよね」というのはたいへん失礼な感想だ。
けれど、ヤンソンの絵には無条件に技術の凄さを感じてしまうときがある。
まごうかたなき北欧の海と空と森、そして暮らしを、
数センチ四方の紙の上にスミ一色とシンプルな描線で再現してしまえる彼女は、
もはやちょっとした魔法使いの域に達していると思う。

ただ、グッズ類は正直微妙。特に最近のやつ。
ヤンソンが没して以降、
コマーシャリズムの色合いがどんどん濃くなってゆく印象は拭えない。
商品化にあたってキャラクターイメージが先行している様子は、
スヌーピーのそれに酷似している。

ムーミン谷の住人達は大なり小なり困った性癖の持ち主だし、
チャーリーブラウンの飼い犬は人類を舐め切った妄想狂の哲学者である。
ムーミン物語とシュルツのピーナツ漫画は、
パブリックイメージと原作のトーンとの乖離が激しい双璧だと思う。
関係ないけど双璧の璧ってカベじゃなく玉なのな。
中国の故事にある和氏の璧のヘキだ。
今変換してみて初めて気づいたよ。とほほ。

それでも「するべからず」の立札に発狂するスナフキンや、
ソッピースキャメルを駆ってレッドバロンと脳内空中戦を繰り広げるスヌーピーに、
むしろ魅力を覚える大きいお友達もたくさんいる訳で。
これらの物語は今後も世界中で読み継がれてゆくのだろう。

めでたいこっちゃ。
090518_2.jpg
スポンサーサイト
【2009/05/18 00:55】 | 未分類 | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。