スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
日没
070521_1.jpg

東京地方の5月21日の日の入り、18:43。

堀秀道先生によれば、
日本の雲というのは他に類をみないほど多彩で美しいものなのだそうだ。
中国では神仙境にしかあらわれないような高貴の雲が、
わが国ではいたるところで目にすることが出来るのだという。

070521_2.jpg

学生の頃、屋上に寝転がって雲のない空を見上げていたことがある。
視界はひたすらに青いだけでどこにも焦点を結ばない。
だからなにも見えていない。
ただ青という色だけが世界を染めているばかりである。

あれが夕方になると茜色が混じってきて、
すると色の境目にピントを合わせることができるのだろうか。

070521_3.jpg

夕陽はこの世の終わりのような顔をして沈むくせに、
どうせ明日はまたいけしゃあしゃあと朝日になって昇るつもりだ。

070521_4.jpg

そんな感じですよ、日没。
スポンサーサイト
【2007/05/21 21:44】 | 未分類 | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。