スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
誤植グリドル
070206.jpg

画像は噂のマックグリドルです。ソーセージ&エッグ・チーズです。
ウソです大して噂になってません。
おおむねメガマックの陰に埋もれていますが、いちおうTVCMも流れてます。

いまいち話題にならないのはやはり朝限定だからだろう。
マックグリドルが食べられるのは午前10:30までである。
出勤途中に朝マクドを嗜む余裕のある人種は決して多くない。
だいいちそんな時間があったら吉野家や松屋の朝定、
もしくはドトールでミラノサンドでも食べた方がいいと思う。

などと言ってはみたものの、私は何を隠そうマクド大好き人間である。
IT風に言えばMac Fanである。
そうかな。

しかし世の中には「マックよりモスの方が好き」などと公言して憚らない人々がいる。
今ここで断言しよう。
あなたがたはまちがっている。

何がまちがっているといって、
マクドナルドとモスバーガーを同列に論じている点ですよ。
だってモスバーガーなんて普通のハンバーガー屋じゃないですか。
フレッシュネスやウェンディーズと同類で。
よろしいですか。
マクドナルドは並のハンバーガー屋などではありません。
れっきとした天下無敵のジャンクフード屋です。
マクドの店頭で80円で売ってるやつとか、
俺大好きだけどあれハンバーガーじゃねえよ別に。
なんか要するにマクドの食いもんだよ。
宇宙食みたいなもんで特殊メニューですよ。

つまり「マックよりモスの方が好き」ってのは、
「富士そばより並木藪そばの方が好き」
「ドミノピザよりサルヴァトーレ・クオモの方が好き」とかいうのと同じで、
殆ど意味を成さない比較だと言ってよろしい。

私はモスもフレッシュネスもウェンディーズも好きです。
食ったことないけど佐世保バーガーもたぶん好きだと思う。
でもぜんぜん違う意味合いでマクドナルドのはむばーがーが大好きなのです。

さてマックグリドルに話を戻すよ。

しばらく前にネット上でその凄まじさを知り、
これは一度食べておかねばなるまいと心に誓ったのだった。

見たところソーセージエッグマフィンと大差はない。
やわらかい朝の光で写した一枚は、なかなか美味しそうにもみえる。

だが、無邪気な顔の裏には恐ろしい罠が仕掛けられている。
まずバンズ部分はマフィンではない。
パンケーキやねん。
そして上部にぽつぽつと見える黒っぽい点は、
大量のメイプルシロップを埋め込んだ跡なのである。
あまりのことにパンケーキ全体がじゅくじゅくしてるぞ。

要するに尋常でなく甘いんじゃ、マックグリドル。

日本マクドナルド公式サイトは語る。
「ちょっと奇抜な味だけど、くせになるおいしさ」

ちょっとじゃないです。
ニホンジンには思いつかない衝撃の味わいです。
甘さ辛さに対するレンジの広さには自信のある私ですが、
食べ終わる頃には何かもうお口の中が辛亥革命でした。
とりあえず少なくともあと3週間くらいは頼まないと思います。
そのくらい経つと忘れてまた食べてしまうかもしれん。
頭よわいねん。

けど、私の後ろに並んでいた親子連れは話してたものさ。
「何にする? マックグリドル?」
「うん! ベーコン&エッグ・チーズ!」

くせになる味というのは本当なのかもしれない。

ちなみにソーセージ&卵&パンケーキ&シロップの四段攻撃、
一個あたりの栄養価は554kcalでございます。
80円のハンバーガーは241kcal、ビッグマックは547kcal。
ついでに言えばメガマックは一個754kcal。
日々の栄養管理にお役立て下さい。

*     *     *

あにまるパラダイス見本誌が送ってきた。
M本さん、卵胎生の魚が産むのは雑魚ではなく稚魚です。
スポンサーサイト
【2007/02/06 22:59】 | 未分類 | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。