さくらのあと
3/22に開花宣言が出てひと月ちかく。
170417001.jpg
ようやくソメイヨシノの天下が終わりを告げました。いや今年は実に長かったね。

個人的にはこの後に旬を迎える八重桜がものっそい好き。
170417002.jpg
理由は「桜餅に似てるから」であることは毎年力説している気がする。
あ、道明寺粉使ったやつね。育ちが基本的に西日本なもんで。

ヤマガラさん。なんか神妙な顔してる。
170417003.jpg

170417004.jpg

シメ。ウソやらシメやらイカルは語源がわからん。
170417005.jpg
鳥の名前はいろいろふしぎ。

ラクウショウの新芽。
170417006.jpg
ラクウショウは落羽松で、羽に似た葉が冬には落ちてしまうためにこの名がある。
そして春になるとこうして新しく芽が出るってえ寸法さ。

よくわからない名前の鳥第二弾、ビンズイ。漢字名もわからないぞ。
170417007.jpg
分類としてはセキレイの仲間になるらしい。
言われてみれば全体のフォルムはそれっぽい。
170417008.jpg
ヒバリなどに似たやたらと地味な色合いがなんとのう好ましい。

170417009.jpg

珍しくちょっと低い枝に降りてきてくれたイカルくん。
170417010.jpg
こちらはちゃんと鵤っていう漢字名がある。読めないけどな。

170417011.jpg

雨の日のイソヒヨドリ男子。
170417012.jpg
その名前に反してヒヨドリとはなんの関係もないツグミ科の野鳥。強いて言えばサイズがヒヨドリ大かしらん。

170417013.jpg

ツツピーツツピー言ってるのはおなじみシジュウカラさん。
170417014.jpg

帰化植物セリバヒエンソウ。
170417015.jpg
最近はいろんな図鑑に載ってるけど、ひと昔前までは何という名前の植物か全然わからなくて難儀したのだ。
全農教『日本帰化植物図鑑』で正体が知れたときは神かと思ったぜ。

ふりむけばアオジ。
170417016.jpg

これは桜でなく梨の仲間のお花です。
170417017.jpg

みんな大好きエナガ様。
170417018.jpg
やった撮れたと思ってモニタで拡大するとおもくそ芋虫咥えてたりするので注意が必要だよ。
ことりはとっても虫が好き♪

170417019.jpg
花が終わった後のソメイヨシノの瑞々しい若葉は、もっとも好きな眺めのひとつ。
すぐ虫食いになっちゃうけどな。美味しそうだもんな。

170417020.jpg

ピンはあまり行ってないんですがオナガの飛翔を。
170417021.jpg
本当に綺麗な鳥だと思う。

オドリコソウの開花。
170417022.jpg
ずっと小さなヒメオドリコソウの方がはるかに有名なのは、数も多いし花期も長いので仕方がない。
こちらはだいたい桜の後10日間くらいしか咲いてないような気がする。
シソ科の植物らしい葉っぱはそのまま食べられそう。

菜の花でいちゃつくナガメのペア。
170417023.jpg
菜の花につくカメムシだから菜ガメなので、実に正しい絵面です。
色味がちょっと違うのは個体差で雌雄の性差ではありません念のため。

170417024.jpg

菜の花にやってきたのはニホンミツバチかな。
170417025.jpg

ホバリングするクマバチの雄。
170417026.jpg
針を持たない男子は顔が白いのでよく見るとわかる。と、ハチマエストロの先生に教わった。
マエストロはこれを手乗りにするのだが、素人(私)がやろうとしても逃げられてしまう。恐るべしマエストロ。
いずれは恐怖ハチ軍団などを指揮して世界を征服する気かもしれぬ。

そんなマエストロとフィールドワークのお仲間の玉川数さんと三人でこんな本を出します。
題して『里山奇談』。
里山の踏査行中に蒐集した怪しの話を集めた、郷愁と謎・ふしぎの溢れる一冊です。漫画じゃなく文字の本なんだこれが。
6月1日発売、絶賛予約受付中。どうぞよろしく。

https://www.amazon.co.jp/dp/4041050782/


クマバチ氏の話に戻ろう。
この日は風に煽られて桜吹雪が舞っており、巡察中のハチ氏はひらひら舞い落ちてくる花びらにいちいち「なんやおまえ!」と突っ込んで行ってはった。
ちょっと面白かった。

日本最小のキツツキ、コゲラさん。
170417027.jpg
カワセミと並ぶ「写真だとそんな感じはしないのに実物を見るとずいぶん小さい鳥」の代表でもある。

その繁殖力が「垣をも通す」ことから名付けられたカキドオシ。
170417028.jpg
ちなみに垣を超えてこちらの庭に生えた隣家のタケノコは勝手に採って食べても構いませんが、こっちの敷地に伸びてきて実をつけた柿は食べられません。
民法まめちしき。カキドオシと関係ないよ。

シロハラもだいたいヒヨドリ大だがニセヒヨドリとか呼ばれたりしない。
170417029.jpg
鳴き声は結構美しいんだよ、これでも。

都心部の最高気温が28度を記録する昨今。
170417030.jpg
夏はすぐそこじゃい。
【2017/04/19 17:33】 | ネイチャー | page top↑
桜の花、青い鳥
4月第一週も半ばに差し掛かったあたりで、ようやく今年も桜の季節@東京。
170405001.jpg
都内の開花基準となる靖国神社のソメイヨシノは10日以上前に開花。先週末には七分咲きくらいにはなってたらしい。
ところがすぐご近所である千鳥ヶ淵では、同じ頃にまだ一分咲きとの情報でした。どういうこっちゃ。
靖国の標本木だけ何かドーピングしてるのと違うか。

170405002.jpg
明日あたりから神田川の水面が花びらで埋まり始めるはず。

タチツボスミレはそろそろ終わりかな。
170405003.jpg

白いスミレはオトメスミレかシロバナタチツボスミレか。
170405004.jpg

170405005.jpg

やたら派手なくちばしが目立つ水鳥は、バンさん。
170405006.jpg
北尾トロさんの猟師本をお読みの方は御承知のように狩猟鳥です。
これに対して、くちばしが白いオオバンは撃っちゃだめです。

陸に上がるとむやみにでっかくて黄色い脚も目立つのだ。
170405007.jpg

170405008.jpg

カルガモの仲良しペア。
170405009.jpg
雌雄でルックスが違いがちなガンカモの仲間の中で、この鳥はほぼ同じ色味。
したがってBL行動である可能性も残っております。

こないだテレビで聞くまで「渓流の宝石」の二つ名を忘れてた。水辺の青い鳥、カワセミ。
最近はもっぱら都市部の公園で会ってるからなあ。
170405010.jpg
おおきな口を開けてなんか文句言うてんのは女の子。

いっぽう男子の方はごはん探しに夢中だよ。
170405011.jpg

170405012.jpg

花が咲くとやってくるおなじみワカケホンセイインコ。
170405013.jpg
首周りの黒い輪がない個体。ちょくちょく見かけるけど個体差だと思っていいのかな。
何事かを声高に主張していた。街宣だったらどうしよう。

営巣を控えて巣材らしきものを集めるカイツブリさん。
170405014.jpg
時折池の真ん中でピリリリリリッと鋭い音で叫ぶ。街宣だったら(以下略

ムラサキケマン開花。
170405015.jpg
黄色と紫がおおい印象のある春の花のうち、紫陣営の先鋒ですな!

キンクロハジロの小規模な群れに遭った。
170405016.jpg
4月はそろそろ旅支度かな。また今度の冬に日本においで。

170405017.jpg

ワカケさんの犯行現場。
170405018.jpg
これはさっきとは別な個体ですね。

なんで花ごと取っちゃうかな、きみたちは。
170405019.jpg

こちらのヒヨドリくんを見習いなさい。
170405020.jpg
欲張って花に顔を突っ込むもんだから花粉だらけやで。
ごはんつぶつけた子供や。

170405021.jpg

桜の樹にただようタナトスはさまざまな人が指摘している。
中でも枝垂桜のシルエットの幽玄さときたらただごとではない。
170405022.jpg

林床にぽこりと顔を出すふしぎなとんがり帽子はトガリアミガサタケ。
170405023.jpg
食用になるきのこの仲間です。

近所に毎年出るところがあったんだけど、5年くらい前から沙汰やみになっていた。
170405024.jpg
今年は会えたので嬉しい。

咲き始めの頃のカラスノエンドウの柔らかい色味がとても好きです。
170405025.jpg
でもこれだいたい1~2週間でアブラムシの巣になっちゃうんだよなあ。しくしく。

170405026.jpg

薮の中に動くものがあったのでそうっと近寄ってみたら、青い小鳥でした。
170405027.jpg
ルリビタキの男の子です。
170405028.jpg
胸元のイエローがシャレオツ!

雄のすぐ近くにいた女の子。
170405029.jpg
前回のジョビ子同様、ヒタキの雌の面差しは優しい。

この週末でおそらく東京の桜はおしまいになる。
170405030.jpg
そして今年もまた、さまざまな生きものが浮かれ出すあの季節がやってくる。
【2017/04/05 21:34】 | ネイチャー | page top↑
ソメイヨシノの咲く前に
もう開花宣言は出てるけどね、東京。
170324001.jpg
駆け込み三月の報告。よろしくご査収ください。

タチツボスミレは既に満開。
170324002.jpg
満開っぽくない写真ですみません。
170324003.jpg

濃いすみれ色の花はいわゆる無印のスミレかなと思ったけど、たたずまいがノジスミレのように思える。
170324004.jpg
スミレの仲間の同定はうちら素人衆にはなかなか難儀でなあ。
あまり気にせず、こりゃあ綺麗な花やねえと楽しんでおくのが無難です。

そんな、どうにも身元不明な可愛らしい小さいスミレの仲間の群生。
170324005.jpg

先月に引き続き、今年の春の東京はどこに行ってもメジロに会う。
170324006.jpg
今回もちょこちょこ顔を出しておりますよろしく。

水浴びをしそうなシジュウカラ。
170324007.jpg
この後水辺まで下りるのだが、躊躇して結局水に入らずに飛び去ってしまった。泳げないこどもか。

夕暮れの水面をゆくカイツブリ。ぼちぼち営巣中のペアなんかも見られたよ。
170324008.jpg

梅や桜が咲き出すと各種花盗人がおとずれる。これはその中でもいちばん大きくて遠慮のない、ワカケホンセイインコ。
170324009.jpg
都内ではすっかりなじみの顔になってしまったね。

170324010.jpg

ひなたぼっこに出て来たビロウドツリアブ。
170324011.jpg
もふもふの春の虫として一部で人気です。

地べたにぺたりと広がるキランソウの花。
170324012.jpg
ジゴクノカマノフタという物騒な別名があるが、春の陽光の下で見る分には地獄感はすこぶる希薄だ。
まあ釜の蓋なので開けるとすごいのかもしれないけどさ。

冬型のキタテハがカントウタンポポの花に遊びに来ました。
170324013.jpg

170324014.jpg

鳥好き界隈ではジョビ子と呼ばれて愛されるジョウビタキの雌。
170324015.jpg
白黒オレンジに彩られた伊達者の雄とお似合いのペアである。

カワラヒワ発見。これが飛ぶと黄色い模様が美しいのよう。
170324016.jpg

河津桜と同じころに花期を迎えるシナミザクラ。
170324017.jpg

可愛らしいコゴメイヌノフグリに囲まれるヒメオドリコソウ。
170324018.jpg
四角い茎はシソ科の植物の証。

東京でもたまあに見かけるシロバナタンポポ。
170324019.jpg
西の方にいくともうちょっとメジャーな気がする。

170324020.jpg

ちょっと遠かったのをトリミング。シックな色味のこの鳥はシメさんです。
170324021.jpg
鳥屋専従でないのもあってひさしぶりの邂逅でした。どことなく文鳥のような顔が好き。

すこし気の早いキケマンの開花。
170324022.jpg
お仲間のムラサキケマンほど多くは見かけないが、意外な場所にどかっと生えててびっくりすることがままある。
ケマンは華鬘で、そういう名前の仏具があるのですね。ネギマン等の仲間ではありませんよ。

むくろじの枝で首を傾げているのは、アトリである。
170324023.jpg
これも同じ。色味が濃いのは雌雄のちがいなのか個体差なのかは不明。
170324024.jpg
雄は夏羽になると顔がまっくろになるよ。日焼けかな。

ほんとに和菓子系の生きものだと思うよメジロって。
170324025.jpg

冬枯れっぽい一角に鮮やかな紋様を見せているのは、モズの背中だ。
170324026.jpg
こっちを向くとこんなだよ。
170324027.jpg
サンシュユの黄色をバックに、さすがの精悍な面構え。

170324028.jpg

花盗人の犯行現場。蜜吸ってるんでなく花びらむしゃむしゃしてるよこの人。
170324029.jpg
寒緋桜はエディブルフラワーなんですかね、スズメ的に。

あまり遠出ができなかったので今回ほぼ区内での撮影。都心部の風景もまだまだ捨てたもんじゃないと思う。
170324030.jpg
そしてまた今年も桜に振り回される季節が来る。望むところだ。
【2017/03/23 12:32】 | ネイチャー | page top↑
春を探しに
諸般の事情により2月中の更新能わず。
いや、ぎりぎり間に合ったかな?
170228001.jpg
1月後半からのあれこれを羅列してみるよ。

京都の学校の近くから見る比叡山の冠雪。1月17日。
170228002.jpg
そのアップ。
170228003.jpg
むかしは悪僧がいたり信長に焼き討ちされたりしたお山じゃ。

桜の枝にとまるオナガ。
170228004.jpg
かささぎと並んで色味の美しいカラスの仲間。ぎゃーぎゃー鳴くよ。

大学の近くにある名刹、妙満寺雪景色。
170228005.jpg

大学構内で行き倒れていた雪像。
170228006.jpg
さすが表現の大学と名乗るだけのことはある。中に人いたらどうしよう。事件だよ。

1月24日朝、上洛途中の霊峰。
170228007.jpg
このときは比較的雪がすくなかった。

同日、雪にけぶる伊吹山。
170228008.jpg
ふしぎな山容が目を引くこの山は、滋賀県最高峰である。

170228009.jpg

京都でなぜかよく会うイカルくん。
170228010.jpg
個人的にはあまり東京では見ない。シメの方が身近な気がする。

今回めじろは何羽出てくるでしょう。
170228011.jpg

2月、所用で空路をゆく。
170228012.jpg

空から見る霊峰。だいぶ冠雪したね。
170228013.jpg
頭を雲の上に出しとはよく言ったもので、地上が曇っていても上空からならその姿を見ることができる。
170228014.jpg

飛行機から地上を見下ろすたびに地図って正確なんだなあと思う。伊能忠敬すげえな。
170228015.jpg

雲の雪原に残る飛行機のシュプール。
170228016.jpg
地上から見上げたときの消滅飛行機雲なのかな。

170228017.jpg

2月末。気の早いたちつぼすみれが花をつけていた。
170228018.jpg

「すみれならこっちにも咲いてるよ」と見知らぬ紳士が案内してくれた一輪。
170228019.jpg
同定はかなわず。すみれの仲間はわっかんないのよう…。

すずなりの花をつける寒緋桜。
170228020.jpg

ひよどりもすずなりになっていた。
170228021.jpg
くちばしが黄色いのは花粉である。口の端にごはんつぶがついてる体やね。

オオイヌノフグリがぱらぱらと地面を空いろに染めはじめる。
170228022.jpg
漢字で大犬の陰嚢と書いてしまうと身もフタもない和名だが、だからといって付けられた異称のホシノヒトミは乙女チックすぎてむず痒い。極端やねん。
山岸凉子『天人唐草』はこの花である。読んだ人は知ってると思うけど。

福寿草が知らん間にずいぶん伸びていた。
170228023.jpg
いつの間にか早春が終わってしまったな。

セリバオウレンの開花。
170228024.jpg
以前、雪の残る早春の東北でこの花の自生に出会い、どこか清々しい気分になったのを覚えている。

タネツケバナの群落の中に桃色を灯すホトケノザ。
170228025.jpg
春の野草としてはもっとも早く咲き出すひとつだよねえ。

公園内の池で蛙合戦が繰り広げられていた。
これは参戦しそこねてひとりうらぶれる男の子。
170228026.jpg
ひきがえるが水の中にいる図ってこの時期にしか見ない気がする。
くくく、くくくとちょっと可愛らしい声で鳴いていた。

コサギよりひと回り大きい白鷺はチュウサギ。
170228027.jpg
コサギやダイサギはいいが中サギというのはいかにも中途半端な命名のように思う。
このあとザリガニを突き出して丸のみにしていた。殻が喉に刺さったりしないのか心配だ。

細いリボンを靡かせるシナマンサクの花。
170228028.jpg

そして今回4羽目のめじろ。この冬はいつもよりよく見る気がするよ。
170228029.jpg

なずな(ぺんぺん草)の花が綻びはじめる。
170228030.jpg
次の更新でびろうどつりあぶに会えるかな。
春よ来い、はやく来い。
【2017/02/28 22:23】 | ネイチャー | page top↑
冬は鳥。
2週間を経てからのあけましておめでとうございます。
関西方面でも松が明けるよこりゃ。
170114001.jpg
なお関東方面では7日に既に明けております、松の内。
地域差があると知ったのは割と最近。いや前に聞いたかもしれないけど覚えてませんでした。

かくも無敵の忘却力を以てすれば日々は常に新鮮なる驚きに満ちていますことよ。
170114002.jpg
てな訳で2017一発目は身近な鳥のみなさんでご機嫌を伺いますか。

このしゅっと垂直になって周囲を睥睨する感じ。
170114003.jpg
さすがは手塚治虫『鳥人大系』で警部職を仰せつかったモズの止まり姿。

マガモのダブルデート。
170114004.jpg

そして一羽が獄門島に。
170114005.jpg

170114006.jpg

シジュウカラは基本的に落ち着かない鳥だが、なにしろ生息数が多いので写し止めるチャンスもなくはない。
170114007.jpg
背中のグラデーションがほんとしっとり美しいと思うんですよ。

ヤマガラさんがなんぞ姦しくくっ喋っております。
170114008.jpg

この野鳥は人を恐れないこと甚だしく、他のものを撮ってると無造作に近づいて来よることも珍しくない。
170114009.jpg
顔はちょっと黒ひげのおっさんぽい。

170114010.jpg

この季節に地べたを歩いてる鳥そのいち。
170114011.jpg
落ち葉を頻りにほじくりかえすシロハラ氏。

再三言ってるけど、身近なわりにほんとに知名度が低い。
170114012.jpg
サイズ的にも行動パターンからいっても非常に撮りやすい被写体。
地味なんだけどさ。

木守りの柿…にしては個数が多いか。
170114013.jpg
柿の木とヒヨドリは日本の冬の画題。

ロウバイが満開になりつつあるよ。
170114014.jpg
蝋の梅はこのちょっとふしぎな花をよく表した名前だと思う。ドテッとした実もふしぎ。
梅に似たよい香りを放ちます。

170114015.jpg

この季節に地べたを歩く鳥そのに、ツグミ。
170114016.jpg

樹の上にいることもあるよ。
170114017.jpg

さて今回の謎鳥。
170114018.jpg
マミチャジナイのような気がするのですが、ちゃんと撮れたのがこの1枚しかなく確証なし。
野鳥クラスタのお助け待ちっす。

170114019.jpg
ヤドリギこんもり。

頭の上でワカケホンセイインコが木の実をむっしゃむっしゃ食ってた。
170114020.jpg
冬枯れの日本の風景にやや不似合なこの春キャベツ色の鳥は、案の定籠ぬけの外来種です。
東京のこのあたりだとずいぶん前から普通に見かけます。
きれいなT字型の飛び姿を見上げるのがけっこう好き。

咲き誇る寒桜。
170114021.jpg

2月にはすっかり花を落としてしまう、気の早いやつだよ。
170114022.jpg

スズメの背中の複雑な模様が美しい。
170114023.jpg

冬場のこやつらは寒風にブワーッと膨れる姿が可愛らしゅうてなあ。
170114024.jpg

ヒマラヤスギの"杉ぼっくり"の唐突感にいつも笑う。
170114025.jpg
なんかね。ばかでかいのが突然成ってるんだよね。ふふふ。

だいたい毎年1月の早い時期にカワセミに会う。
170114026.jpg
ボテッとした佇まいは可愛らしいものだが、やはり何といっても圧巻なのは

背中のひとすじのあざやかな翡翠色の刷毛跡だ。
170114027.jpg
このメタリックブルーの輝きが川面を一直線に飛び抜けてゆくのを見るといつもハッと息を呑む。

今年もちゃんと会えたから、きっといい一年だな。
170114028.jpg

170114029.jpg

そしてこれから次第に夜は短くなる。
170114030.jpg
改めて本年もよろしくお願いいたします。礼。
【2017/01/14 09:52】 | ネイチャー | page top↑
| ホーム | 次ページ