今年も
12回目の葉桜の日を前に、週末に皆で集まったよ。
160411a.jpg

「干支が同じになっちゃったよ」って話が出たけど、だから何だろう、と。
とくに意味はありませんな。
160411c.jpg

昨日のうちに更新しようと思ったけど間に合わなかった。
そういうの一番嫌いだったよな。ごめん。ホントごめん。

160411b.jpg
もうだいぶ知ってるひとたちがそっちに行っちゃって賑やかになったろうと思うよ。
うん。また来年ね。
【2016/04/12 00:05】 | 未分類 | page top↑
ゆきの日
1月20日の朝、いつもの宿で目を覚ますと窓の外が真っ白だった。
20160123001.jpg
モノクローム、あるいはパートカラーで記録した雪の古都。
諸般の事情により今回テキストはありません。
音のない静かな雪の日をごらんください。

20160123002.jpg

20160123003.jpg

20160123004.jpg

20160123005.jpg

20160123006.jpg

20160123007.jpg

20160123008.jpg

20160123009.jpg

20160123010.jpg

20160123011.jpg

20160123013.jpg

20160123014.jpg

20160123015.jpg

20160123016.jpg

20160123017.jpg

20160123018.jpg

20160123019.jpg

20160123020.jpg

20160123021.jpg

20160123022.jpg

20160123023.jpg

20160123024.jpg

20160123025.jpg
みんな気をつけて登校するんだよ。
【2016/01/23 02:48】 | 未分類 | page top↑
彼岸の花火その他
仕事の隙を突いて近所に彼岸花を撮りにゆく。
彼岸だからね。
150923001.jpg
秋のお彼岸、萩が咲くころに食べるからおはぎなのである。
春のお彼岸のころの花は牡丹なので、同じものを春にはぼたもちと呼ぶ。
そう教えてくれたのは銀玉親方こと山崎一夫さんだ。

150923002.jpg
しかしそんな親方は、私が葦という植物は悪しと発音が同じなのを嫌ってヨシと呼ぶのだそうですよと言ったところ、
「ヒダカさんはものしりだねえ」と例の気のない様子で感心していた。

150923003.jpg

アキアカネの群舞がはじまっていた。
150923004.jpg

初秋の青空に映えるシオンの花に小さくて青いはなむぐりがむぐる。
150923005.jpg

150923006.jpg

彼岸花はその佇まいにどこか不吉な陰を宿しているのが好きだ。
それは全身に陽光を浴びていてもなお払拭されることはない。
150923007.jpg

その花の蜜はアゲハの仲間が好む。
150923008.jpg

とくにクロアゲハが訪れているときのコントラストは美しい。
150923009.jpg

同じ花を訪れた4頭のシルエットがくるくる天高く上ってゆく。
150923010.jpg
喧嘩をしているのか遊んでいるのかはわからない。

「あれっここだけ地べたがやわらかいぞ」
150923011.jpg
注意深いアキアカネは乗り移ってきてくれなかった。

ハラナガツチバチはキバナコスモスがだいすきだ。
150923012.jpg
雄蕊を全身でかかえこんで夢中だが、ときどき顔をあげて花粉にまみれた触角のおそうじをする。
基本はきれいずきらしい。

150923013.jpg

150923014.jpg

150923015.jpg

彼岸花と並ぶ大きな真紅の花はモミジアオイ。
150923016.jpg
ここにも写り込んでいるように、葉がモミジ様をしているためこの和名がある。
大きな花が一輪ぽんと咲くことが多いせいもあり、どことなくノーブルな雰囲気がある。
タナトスの匂いはない。

ちょっと小ぶりのトノサマバッタに会えたよ。
150923017.jpg
殿様の名はダテではなく、その威容は明らかに他のバッタもんとは一線を画する。バッタもんゆうな。

150923018.jpg
根茎は有毒だが、飢饉に際しては毒抜きをして救荒食糧とし、ひとびとの命を救ったともいう。

150923019.jpg
そういえば「うちの実家では食べてたよ」と話してくれたのも銀玉親方だった気がする。
ちがったらすみません。

ちょっと日本画のような色彩になったのは偶々です。翅をやすめるアゲハ。
150923020.jpg

チョコっぽかったり和菓子ふうにも見えるガンタケ幼菌。
150923021.jpg
シックな色合いを雁の羽にみたてて雁茸の名がある。
おっかないテングタケの一族だが、文献によっては食菌扱いになっているぞ。

150923022.jpg

晴れた空をもつれ合いながら舞い上がるナミアゲハ3頭。
150923023.jpg
まったく仲がいい蝶だ。それか喧嘩っぱやいか。

色んな蜂や蝶にもてもてのキバナコスモス。
150923024.jpg
ツマグロヒョウモンおひとり様ご案内中。

150923025.jpg
彼岸花が生得的に備える昏さについてはかつて単行本で四の五の考察したのでここでは繰り返さない。

150923026.jpg
いま思うのは、やっぱり血の色だからかなということ。
白花や黄花を見るととくに不吉な感じはしない。但し個人的には魅力もあまり感じない。

150923027.jpg
灼けつくような残暑の中で見る血の色の花は、たとえば原民喜『夏の花』を想起させて悲しいのだけれど。

150923028.jpg

夕闇のせまる空をねぐらへと飛んでゆくコサギたち。
150923029.jpg
この写真だとよくわからないが黄色い靴をはいていたので。

大型連休とやらが終わって九月も残り一週間。
150923030.jpg
いつの間にやら今年も秋だ。
【2015/09/24 02:47】 | 未分類 | page top↑
出陣、東京の里山
coco先生と虫撮りのご友人を拉致しいつもの里山へ。
運転手は僕だ車掌はいない。
150502001.jpg
中央道下りの渋滞が不安だったので早めに出たらぜんぜんセーフだった。
日頃のおこないの賜物であろう。
日頃のおこないが嵩じて到着5分後にはぬかるみに右足を突っ込んだ。

150502002.jpg
ホソミイトトンボですかねこれは。

「これから何時間もの間、片足がギュッポンギュッポン言うんですね」
奇禍に遭ったわたくしに対する先生の慰めの言葉である。

ちなみにこの数時間後に左足も泥にはまっている。
帰途には両足なかよく土気色であった。トータルコーディネートというやつか。

ニホンアカガエルと思しき個体。
150502003.jpg
こないだまであんなに不安定だった天気が先週になってカラッと晴れあがったため、フィールドはやや湿り気が不足している。
おかげで乾燥に弱い両生類分が全体に不足していた今回の踏査であった。
いたのはアカガエルとオタマばかりである。

そして先生に難なく捕獲さるるアカガエル。
150502004.jpg
掌の上で特に抵抗する風でもなかったが、私が手を出すと貴様には用がないとばかり跳躍。
一瞬で薮の中に消えた。
なんだか悔しい。

この季節の山間に雅やかな淡紫を差す藤。
150502005.jpg
新幹線の車窓などからでもぽつぽつ見られるので晴れた日には楽しみにしている。
ヤマフジだと思ってたけど近畿以西の分布なのだそうで、関東で見られるのは山に生えてても「フジ」なのだとか。

最初シオヤトンボの雌かと思っていたが、ハラビロトンボではないかとのこと。
150502006.jpg

打水産卵を行い、その上を雄がパトロールするという行動が観察された。
150502007.jpg
産卵の様子はcocoブログをどうぞだ。

150502008.jpg
出っ歯、なおかつ空きっ歯というなかなか魅力的な面相の娘さんである。

ホウチャクソウの花の佇まいがなんか好き。
150502009.jpg

サナエトンボの仲間のなにか。
150502010.jpg
ちょっと頑張ってみたのだが、この角度からしか撮れていないためはっきり同定できず。
ここで適当なことを言うと、後から検索した人に要らざる混乱を与えてしまうのである。
生物クラスタでなくても一度くらいは、画像検索して出てきた結果に「これ××じゃないよ!」と眩暈を覚えた経験がおありじゃろ。
だから「何か」でお茶をにごしておくよ。

150502011.jpg
この右手には清澄な水を湛えた湿地があり、シーズンにはゲンジボタルの乱舞がみられる。

売るほどいたカワトンボシリーズ。
150502012.jpg
しかしなぜか無色翅型しか撮っていない。
セロファンのような橙色翅型にはことごとく逃げられてしまったのだ。しくしく。
150502013.jpg
今回、生息は確認したのに逃げられて撮影できなかったものにシュレーゲルアオガエルとヤマカガシがいる。
あとウスバシロチョウが群舞していたのだが、そのあたりに適当な花がなく全然止まらないため、結局撮れずじまいだった。
悔しがっていたらcoco先生に
「止まらないのなら飛んでるところを撮ればいいじゃない」と言われた話はtwitterでも書いた通りである。
真理ですよ。真理ですけどねしくしく。

レンゲ畑が広がっていた。
150502014.jpg
この里山でレンゲはあまり見た記憶がないので、今年は植えたということなのかもしれない。
好きな花なので大歓迎だ。

働き者のセイヨウミツバチさんたちがせっせと蜜を集めにくる。
150502015.jpg
レンゲの蜜はたいそう美味なので頑張っていただきたい。

coco師匠をまねて飛んでいるハチを撮る練習。
150502016.jpg
無慮百枚以上はシャッター切ってそれらしく撮れたのが数枚であった。
機材はほぼ変わらないので純粋に腕の差である。精進します押忍。

なんだかでかいのが飛んできたと思ったらキアゲハである。
150502017.jpg
前翅の胸に近いあたりに30~60%くらいのアミが入ったゾーンがあるので、(ナミ)アゲハとの識別は比較的容易。
比べるとアゲハは思ったよりずっと白い。

この時期に山の入り口の方に咲いているキリ。
150502018.jpg
秀吉の家紋なんかにある桐の花はこんななんですよ。

茂みの方でモズが騒いでいると思ったら、巣立ったばかりのヒナの世話をやいているのだった。
150502019.jpg
くちばしに黄色い馬蹄斑ぽいのが見えるのは幼鳥のしるしだ。
薮の中でしきりに親を呼んでいる。
150502020.jpg
「とうちゃん、めし、めし!」

で、こちらがとうちゃん。
150502021.jpg
山の方からクロスジギンヤンマらしい影がつうっと飛んで出たなーと思ったら、すかさずこの父モズがしゅっと後を追った。
かわいいこどものためのごはんなのだ。昆虫食クラスタめ。
もっとも凶暴なる小鳥であるモズは虫に限らずカエルやトカゲ、同じ鳥でもシジュウカラくらいだったら捕えて餌にしてしまう。

ここでも越冬蝶テングチョウが日光浴中。
150502022.jpg
相当ぼろぼろになってるけど、まだまだ元気だ。

杭にかじりつくキアシナガバチは、巣材の原料を削り取っている。
150502023.jpg
木屑を唾液で固めて「紙」にし、巣をつくるのが蜂の皆さんの建築工程だ。
製紙法が発明される何万年前からやっていることだろう。
まあ蔡倫も西暦100年くらいの人なので相当むかしなんですけどね。

里山の周りには普通に人の生活がある。
150502024.jpg
人の手が入って成立しているから「里山」なので、人間のくらしとは切り離せない景色なのだ。

150502025.jpg
cocoさんもお友だちも、またぜひ来てくださいね。
【2015/05/04 00:31】 | 未分類 | page top↑
千年古都の初夏
今年度も京都の学校に通う日々が始まったので。
150430001.jpg

子連れの若いお母さんが「何のお花?」と問いかけていた。
150430002.jpg
京都府立植物園のチューリップはぼちぼちシーズンオフに入る。
遅咲きの種類だけが花壇の一角を賑やかに彩っていた。

春先によく見る越冬後のテングチョウ。
150430003.jpg
…だと思うのだけどいまいち鼻が目立たないなー。
素早く逃げられてしまったので検証用のカットが撮れず。うぬれ。

蓮の枯れた茎に休むヨツボシトンボ。
150430004.jpg
京都ではよく見る。っていうか初見が京都だった。このブログを遡ると分かる仕組みだよ!
でもいつ頃だったかは覚えてないよ! 深泥池行ったときだっけかな。

ハンカチノキが旬だった。
150430005.jpg
行きつけの小石川植物園にも植わっているため個人的には珍しい印象がないが、
桜の後の季節に植物園に行かないと見られない花だ。
ハンカチ様の白いのはこれは花びらではなく、花を包んでいる「苞」です。
150430006.jpg
ミズバショウやドクダミの白いのも花びらじゃなくて苞なんだけど、まあ専門家を気取らない分には別に花ってゆっときゃいいと思う。
アマチュアやでうちら。

ウツギの植え込みに可愛らしいはえとりぐもたちがひょこひょこしていた。
150430007.jpg
こちらはおそらくネコハエトリの女の子。雄はあたまが黒い。

この眉毛が白いやつは、眉毛が白いからマミジロハエトリかな。
150430008.jpg
はえとりぐもの仲間は本当いい顔してるよ。

150430009.jpg

150430010.jpg

池でさかんに産卵行動を行っていたトンボ。
150430011.jpg
その場ではぼんやりアオヤンマかなあとか思っていたのだが、あとで調べてクロスジギンヤンマの雌らしいと判明。
クロスジの雄に特徴的な、目の覚めるような青斑がないので気づかなかった。ひとつ勉強になった。
半可通は半可通なりに、調べるたびに「へえそうなんだ」と感心納得する楽しみがあるもんですよ。

「ああ藤だよ」
「きれーい! でも学校の藤はきらーい」
「なんで?」
「くまんばちがぶんぶんしてるから!」
150430012.jpg
祖父母と孫らしい女の子の会話。関西弁じゃなかったので観光中かな。
くまんばちはだいじょうぶそんなに怖くないからね。あんまり嫌わないであげてね。

ぱっと見サンショウみたいだが、ナナカマドの若芽なのである。
150430013.jpg
夏から冬に至るまで、そのたたずまいがとてもすきな樹木のひとつだ。

シャガは今が旬。
150430014.jpg
へんな名前と洋風とも和風ともつかぬ様子で子どものころはあまり好きじゃなかった。
悪くないなとおもえるようになった(上から目線だな)のは「射干」というちょっと雅な漢字名を知ってからだ。
ところが射干で画像検索すると、これがヒオウギの花ばっかり出てきて混乱する。
ヒオウギの漢名も何をかくそう射干なのでこんな現象が起こるのだ。
もっとも、こちらは「やかん」と読む。ものの名前はいろいろ不思議だよ。

温室の前の池畔に頑固じじいにしか見えないアオサギが気難しそうに立っていた。
150430015.jpg
アオサギってこんなんだっけか。なんか不機嫌そうにも程がある。

樹上でクックロビン音頭みたいになってるのはカワラヒワである。
150430016.jpg
普通にしてるとこんな感じ。上と同一個体ですねんのため。
150430017.jpg
きげんよく派手なさえずりを聴かせていた。
この鳥の美声には定評があり、ドリトル先生に出てくる「緑のカナリア」ピピネラは母親がカワラヒワなので緑色をしているのですよ。

カツラのまるい葉のシルエットが好きだ。
150430018.jpg

ベニバナトチノキはマロニエとアカバナトチノキの交雑種だとか。
150430019.jpg
これを単にマロニエと呼んでる場合もある。別にそれでもいいと思う。

150430020.jpg

150430021.jpg

おかしな毛玉になってるのはお分かりと思いますがメジロです。
150430022.jpg
飛んできて激しく掴まったらたまたまこんな形になってしまったらしく、別に病気だとかそういうわけではない。
けたたましくさえずっていたのでちょっと興奮はしてるのかもしれないな。
この後エイヤと飛び立っていった。全体的にワイルドな雰囲気のメジロだった。
羽の色が本当に綺麗だよ。

カナヘビに「なんか用か」という顔をされた。
150430023.jpg
よく見たら腰のあたりにアブラムシが止まっておる。そんなんで格好つけてもだめさ。

スズメの高速行水。
150430024.jpg
150430025.jpg
この後しばらく頭に水滴がついてたのでアブラ症と見た。

こちらはスズメバチの行水。
150430026.jpg
この黄色さはキイロスズメバチでしょうかね。周りに落ちてる怪しの物体はスズカケの実かな。

通学路の途中に咲いてたオッタチカタバミ。
150430027.jpg
アスファルトの隙間からおっ立ってるカタバミだ。オキザリス属はほんとに強いな。

大好きなハナビシソウの花。
150430028.jpg
なんで好きなのかはわからないが異常に好きです。

twitterでも流した手のりのトノサマガエル。親指大。
150430029.jpg
溝の中にいた殿様はもちょっと育ってた。
150430030.jpg

なお、ちょろっと報告しておきますが『水族館で働くことになりました』(KADOKAWAメディアファクトリー)
出足好調との報を頂いております。
これは本当に私一人の力でどうなるものでもないので、ありがとうございます。
150430031.jpg
さて初夏だ。
存分に生きものとたわむれる季節ですよ。
【2015/05/01 04:53】 | 未分類 | page top↑
| ホーム | 次ページ